ラテン語 第四変化名詞

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

ラテン語 > 名詞 > 第四変化名詞

五つ目の型は、U型の格変化である。属格複数形が -uum となることに着目して、こう呼ばれる。属格単数形では、-ūsという形になる。単数主格が -us となるパターンと、単数主格が -ū となるパターンがある。

-us, -ūs[編集]

一つ目のパターンは、単数主格で -us となるものである。またその形から、一部の名詞は第二変化の曲用(-us, -ī)を許容する場合がある。「贅沢」を意味する「luxus, luxūs」を例に挙げて、格変化を示そう。

格\数 (numerus) 単数 (singulāris) 複数 (plūrālis)
主格 (nōminātīvus) -us (luxus) -ūs (luxūs)
属格 (genitīvus) -ūs (luxūs) -uum (luxuum)
与格 (datīvus) -uī (luxuī) -ibus (luxibus)
対格 (accūsātīvus) -um (luxum) -ūs (luxūs)
奪格 (ablātīvus) (luxū) -ibus (luxibus)

呼格は、主格と同形である。

男性名詞の例[編集]

adventus, adventūs 到着
arcus, arcūs 弓、アーチ
cāsus, cāsūs 落ちること、事件、不幸(cadō, cecidī, cāsum, cadere(落ちる)から; cāsū:偶然に; cāsus bellī:戦争の場合; cāsus māior:不可抗力; cāsum senit dominus:所有者が危険を負担する(参照:危険負担); cāsus a nēmine praestatur:災害は何人も責任なし)
cultus, cultūs 耕作、世話、養育、生活法、教養、尊敬、祭祀(colō, coluī, cultum, colere(耕す、世話をする、保護する)から)
currus, currūs
cursus, cursūs コース
equitātus, equitātūs 騎兵隊
exercitus, exercitūs 軍隊
flūctus, flūctūs
fructus, fructūs 果実(fructus cīvīlis:法定果実、fructus nātūrālis:天然果実、fructus exstantes:現存果実)
impetus, impetūs 攻撃
luxus, luxūs 贅沢
metus, metūs 恐れ
peditātus, peditātūs 歩兵隊
pulsus, pulsūs 打つこと
sexus, sexūs 性(secō, secuī, sectum, secāre(区分する)から)
tonitrus, tonitrūs
tumultus, tumultūs 騒ぎ
ūsus, ūsūs 使用
vultus, vultūs 顔つき

女性名詞[編集]

acus, acūs
ficus, ficūs (ficī) 無花果
laurus, laurūs (laurī) 月桂樹
myrtus, myrtūs (myrtī) ミルト
porticus, porticūs 柱廊
quercus, quercūs
tribus, tribūs 種族

-ū, -ūs[編集]

二つ目のパターンは、単数主格で -ū となるものである。「角」を意味する「cornū, cornūs」を例に挙げて、格変化を示そう。

数 (numerus) 単数 (singulāris) 複数 (plūrālis)
主格 (nōminātīvus) (cornū) -ua (cornua)
属格 (genitīvus) -ūs (cornūs) -uum (cornuum)
与格 (datīvus) -uī (-ū) (cornuī (cornū)) -ibus (cornibus)
対格 (accūsātīvus) (cornū) -ua (cornua)
奪格 (ablātīvus) (cornū) -ibus (cornibus)

呼格は、主格と同形である。

中性名詞の例[編集]

cornū, cornūs
genū, genūs
verū, verūs 焼き串