ラテン語 sum(esse)の活用の一覧

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

直説法[編集]

未完了系時制[編集]

直説法現在
単数 複数
一人称 sum sumus
二人称 es estis
三人称 est sunt
直説法未完了過去
単数 複数
一人称 eram erāmus
二人称 erās erātis
三人称 erat erant
直説法未来
単数 複数
一人称 erō erimus
二人称 eris eritis
三人称 erit erunt

完了系時制[編集]

直説法完了
単数 複数
一人称 fuī fuimus
二人称 fuistī fuistis
三人称 fuit fuērunt, fuēre
直説法過去完了
単数 複数
一人称 fueram fuerāmus
二人称 fuerās fuerātis
三人称 fuerat fuerant
直説法未来完了
単数 複数
一人称 fuerō fuerimus
二人称 fueris fueritis
三人称 fuerit fuerint

接続法[編集]

未完了系時制[編集]

接続法現在
単数 複数
一人称 sim sīmus
二人称 sīs sītis
三人称 sit sint
接続法未完了過去1
単数 複数
一人称 essem essēmus
二人称 essēs essetis
三人称 esset essent
接続法未完了過去2
単数 複数
一人称 forem forēmus
二人称 forēs forētis
三人称 foret forent

完了系時制[編集]

接続法完了
単数 複数
一人称 fuerim fuerimus
二人称 fueris fueritis
三人称 fuerit fuerunt
接続法過去完了
単数 複数
一人称 fuissem fuissemus
二人称 fuisses fuissetis
三人称 fuisset fuissent

命令法[編集]

このページ「ラテン語 sum(esse)の活用の一覧」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。