ロシア語

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索

はじめに[編集]

ロシア語は、印欧語族のうち、スラブ語族に属する言語です。 ロシアなど数か国で公用語となっているほか、国連でも公用語になっています。 また、旧共産圏では、ロシアの影響が強かったこともあり、今でもロシア語が通じる場合が多いです。

また、ロシア語は、スラブ語派の代表的言語で、スラブ語派の中では教材が最も充実しているといって良いでしょう。本などの教材を使うときは、自分にあったものを使いましょう。

さて、ロシア語を勉強する利点とはなんでしょうか。 まず、勉強した時に最初に言えることは、1億人近くいる人々と会話が出来るようになるということであります。 先も述べたように、ロシアのみならず旧ソ連圏の人々とも話すことができるようになります。 また、ロシアの経済発展はめざましく、ビジネスにおいても使うことができます。 宇宙開発においても、ロシア語は重要です。ロシアは、アメリカと並ぶ宇宙開発の先進国だからです。 また、ロシア語を勉強しておけば、ウクライナ語など、他のスラブ語の勉強の役に立つでしょう。

文法講座一覧[編集]