不動産登記法第140条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法コンメンタール不動産登記法

条文[編集]

(意見聴取等の期日)

第140条
  1. 筆界特定の申請があったときは、筆界特定登記官は、第133条第1項本文の規定による公告をした時から筆界特定をするまでの間に、筆界特定の申請人及び関係人に対し、あらかじめ期日及び場所を通知して、対象土地の筆界について、意見を述べ、又は資料(電磁的記録を含む。)を提出する機会を与えなければならない。
  2. 筆界特定登記官は、前項の期日において、適当と認める者に、参考人としてその知っている事実を陳述させることができる。
  3. 筆界調査委員は、第1項の期日に立ち会うものとする。この場合において、筆界調査委員は、筆界特定登記官の許可を得て、筆界特定の申請人若しくは関係人又は参考人に対し質問を発することができる。
  4. 筆界特定登記官は、第一項の期日の経過を記載した調書を作成し、当該調書において当該期日における筆界特定の申請人若しくは関係人又は参考人の陳述の要旨を明らかにしておかなければならない。
  5. 前項の調書は、電磁的記録をもって作成することができる。
  6. 第133条第2項の規定は、第一項の規定による通知について準用する。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
不動産登記法第139条
(意見又は資料の提出)
不動産登記法
第6章 筆界特定
第2節 筆界特定の手続
第2款 筆界の調査等
次条:
不動産登記法第141条
(調書等の閲覧)
このページ「不動産登記法第140条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。