中学受験国語/文法

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

文法[編集]

文の構造[編集]

[私は/学校に/行く][嘘を/つく][感情を/示す]:文 ○節脈がポイント ○関連度が高いかどうか

  • 〔は・で・を・に〕・〈では・にも・する〉

[○役割:条件・変換・動機・関連・説明]がモトになる

独立–連文|並立|主・述|用・体:言[編集]

文は「,・。」で区切る。〔〜|が・は:あ行|〜〕で綴る時,主・述の関係が成り立つ。〔〜で〜|〜と〜〕が,成分に当たる。基本的な文法で簡略が可能。

関係[編集]

接続[編集]

  • {ので・だから・しかし・また}

接続の働きが単語に伴い変化する

修飾[編集]

  • {〜(な)〜}

他の内容を詳しくする

補助[編集]

  • {いる・ある・ない・みる・から}
  • 〈〜|は・が+補助〉の様に組む