中学受験国語

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Main Page > 小学校・中学校・高等学校の学習 > 中学受験参考書 > 中学受験国語

目次

漢字と熟語[編集]

漢字の書き・読み[編集]

送りがな[編集]

同音異義語・同訓異字語[編集]

漢字の画数と筆順[編集]

部首[編集]

六書(りくしょ)[編集]

漢字の成り立ちを分類したものを六書りくしょといいます。

  • 象形文字
    • 物の形をかたどって作られた漢字です。
    • 日・月・木・耳など。
  • 指事文字
    • 位置や状態といったかたちのないものを字の組み合わせで表したものです。
    • 上・下・本・末など。
  • 会意文字
    • 漢字を組み合わせて新しい意味を表すようになった漢字です。
    • 男・林・ほのおなど。
  • 形声文字
    • 意味を表す部分と音を表す部分とを組み合わせてできた漢字です。以下で例を見ていきましょう。
      • 「河」という文字は、水を意味するさんずいと音をあらわす「可」という文字を組み合わせて作られた文字です。
      • 「草」という文字は、植物をあらわすくさかんむりと音をあらわす「早」という文字を組み合わせて作られた文字です。
    • このように、形成文字は、へん・つくり・かんむり・かまえ・あし・たれ・にょうの漢字の部首とそれ以外の部分に分けられます。
  • 転注文字
    • ある漢字が別の意味を持つようになったものを指します。
      • 「楽」という漢字は本来は「音楽」の意味でしたが、「音楽を聞くと楽しくなる」ことから「たのしい」という意味も持つようになりました。
      • 「長」という漢字は本来「ながい」の意味でしたが、中国語で別の発音が生まれたことで「そだつ」という意味(熟語で言えば「成長」など)も持つようになりました。
  • 仮借文字
    • 音をかりた当て字のことです。
    • アメリカ→亜米利加・イギリス→英吉利・フランス→仏蘭西など。

また、六書の考えを利用して日本独自の漢字もつくられました。このような漢字は国字、和字ともよばれます。

例として、畑、働、とうげなぎなどがあります。

同義語と対義語[編集]

熟語の読み[編集]

二字熟語の読み方には、次の4種類と、どれにも分類できない特殊とくしゅなものがあります。

  • 音音読み

公平、学校、空気など

  • 音訓読み(重箱じゅうばこ読み)

自腹、味方、王様など

  • 訓音読み(湯桶ゆとう読み)

荷物、合図、手順など

  • 訓訓読み

庭木、夕方、身近など

  • 熟字訓

漢字一字に対してではなく、その熟語に対して読みをつけたもの。上の4つのどれにも当てはまりません。
例 七夕たなばた(たとえば、「七夕」には、「七」と「夕」のそれぞれの読みはなく、「七夕」という熟語になってはじめて「たなばた」と読む。)
中学受験国語/主要熟字訓一覧

熟語の構成[編集]

二字熟語[編集]

二字熟語の構成には、次のようなものがあります。

  1. 似た意味の字を組み合わせたもの
  2. 対の意味の字を組み合わせたもの
  3. 前の字が後の漢字を修飾している熟語
  4. 前の字が動作などを、後ろの字が「~を・~に」を表すもの
  5. 前の字が主語、後の漢字が述語の関係になっているもの
  6. 後ろの字を「不・無・非・未」で打ち消したもの
  7. 長い言葉を略したもの

三字・四字熟語[編集]

三字熟語の構成には、次の3つがあります。

  • 三字すべてが対等なもの

例:雪月花、松竹梅、心技体など

  • 一字+二字のもの

   (1)最初の一字が後ろの二字を修飾(しゅうしょく)するもの   例:総選挙、大気圧、全世界など

    (2)最初の一字が後ろの二字を打ち消すもの(最初の一字が「不・無・非・未」)
   例:不可能、無条件、非常識など
  • 二字+一字のもの

  (1)最後の一字が前の二字を修飾(しゅうしょく)するもの   例:音楽会、太陽系、不文律など
  (2)接尾語がつくもの(的、化、性)   例:革新的、近代化、可能性など

四字熟語以上でも、ほぼ同じです。

いろいろな四字熟語[編集]

熟語パズル[編集]

  • 矢印熟語

矢印にそって読むと熟語ができるように、□をうめなさい。(一部図がおかしなことになっていますが、ご了承ください)

       公
↓ 
     水→□→日
       ↓
       然

このような問題では、「水」「公」で始まる熟語や、「日」「然」で終わる熟語を考えて、考えます。(ちなみに、この問題の答えは「平」です。)

  • 熟語しりとり

文法[編集]

文の構造[編集]

品詞の種類[編集]

動詞[編集]

動詞は、おもに動作や状態を表します。

形容詞[編集]

形容動詞[編集]

名詞[編集]

名詞は、おもに人の名前や地名、物の名前を表します。

名詞の種類[編集]
  • 固有名詞

「京都」「夏目漱石」などのように、特定の地名や人名などをあらわす名詞のことを固有名詞(こゆう めいし)という。

  • 普通名詞

「ボール」「茶」「人」「犬」「机」など、特定の人名や地名をあらわしていない、普通の名詞のことを普通名詞(ふつうめいし)という。

連体詞[編集]

副詞[編集]

接続詞[編集]

感動詞[編集]

助動詞[編集]

助詞[編集]

まちがえやすい品詞[編集]

敬語[編集]

丁寧(ていねい)語[編集]

尊敬(そんけい)語[編集]

謙譲(けんじょう)語[編集]

ことわざ・慣用句[編集]

ことわざ[編集]

慣用句[編集]

言葉の知識[編集]

和語・漢語・外来語[編集]

いろいろな和語[編集]

いろいろな外来語[編集]

詩歌[編集]

表現技法[編集]

短歌・和歌[編集]

俳句[編集]

季語[編集]

その他[編集]

かなづかい[編集]

文章の訂正[編集]

  • よくある誤りのパターン
  • 漢字や送り仮名の誤り
  • 敬語の誤り
  • かなづかいの誤り
  • 主語と述語のねじれ
  • 言葉の誤り
  • ら抜き言葉

「ら抜き言葉」とは、「見れる(正:見られる)のようなもののことです。

  • ちがくて」

正しくは「違って」です。

ローマ字[編集]

ローマ字についてですが、多くの学校では必要ありません。
ローマ字表

  あ(A,a) い(I,i) う(U,u) え(E,e) お(O,o)
a あ i い u う e え o お  
か(K,k) ka か ki き ku く ke け ko こ kya きゃ kyu きゅ kyo きょ
さ(S,s) sa さ si (shi) し su す se せ so そ sya しゃ syu しゅ syo しょ
た(T,t) ta た ti (chi) ち tu (tsu) つ te て to と tya ちゃ tyu ちゅ tyo ちょ
な(N,n) na な ni に nu ぬ ne ね no の nya にゃ nyu にゅ nyo にょ
は(H,h) ha は hi ひ hu (fu) ふ he へ ho ほ hya ひゃ hyu ひゅ hyo ひょ
ま(M,m) ma ま mi み mu む me め mo も mya みゃ myu みゅ myo みょ
や(Y,y) ya や (i) yu ゆ (e) yo よ  
ら(R,r) ra ら ri り ru る re れ ro ろ rya りゃ ryu りゅ ryo りょ
わ(W,w) wa わ (i)   (e) o を  
n ん
が(G,g) ga が gi ぎ gu ぐ ge げ go ご gya ぎゃ gyu ぎゅ gyo ぎょ
ざ(Z,z) za ざ zi (ji) じ zu ず ze ぜ zo ぞ zya (ja) じゃ zyu (ju) じゅ zyo (jo) じょ
だ(D,d) da だ zi (ji) ぢ zu づ de で do ど zya (ja) じゃ zyu (ju) じゅ zyo (jo) じょ
ば(B,b) ba ば bi び bu ぶ be べ bo ぼ bya びゃ byu びゅ byo びょ
ぱ(P,p) pa ぱ pi ぴ pu ぷ pe ぺ po ぽ pya ぴゃ pyu ぴゅ pyo ぴょ
  • 書き方のルール

のばす音は、その文字の上に「^」がつくことがあるが、省略することが多い。

お父さん otôsan
妹 imoto

固有名詞(名前、地名など)の最初の文字は、大文字で書く。

北海道ほっかいどう Hokkaidô
富士山ふじさん Fujisan
山田太郎やまだたろう Yamada Tarô または Tarô Yamada

小さい「っ」(つまる音)は、そのあとの文字を、2つ続けて表す。

日記 nikki
実験 jikken

nのつぎに、a,i,u,e,o,y がくるときは、nのあとに「'」をつける。

店員 ten'in
「tenin」だと、「てにん」に なってしまう。
本屋 hon'ya
「honya」だと、「ほにゃ」に なってしまう。

ものの数え方[編集]

手紙の書き方[編集]

季節のあいさつ[編集]

文学史[編集]

文章・資料読解[編集]

説明文・評論文[編集]

接続詞[編集]

文の整序[編集]

意見を書く[編集]

物語[編集]

物語の続きを想像して書く[編集]

随筆(ずいひつ)[編集]

詩歌[編集]

資料・グラフの読み取り[編集]

作文・筆記試験[編集]

共通[編集]

作文限定の内容[編集]

原稿用紙の使い方[編集]

書き方[編集]

プレゼンテーション[編集]

一部の中学校では、プレゼンテーションの問題が出題されます。
(注意)ここでは、効果的なプレゼンテーションの方法を説明するだけで、プレゼンテーション用の知識を説明するものではありません。プレゼンテーション用の知識は、社会などをご覧ください。

自己アピール[編集]

たとえば、(可能であれば)スポーツなどの特技は、実演して示すのがよいでしょう。

社会問題への意見[編集]

資料[編集]