中学受験理科/生物/動物とヒトのからだのつくり

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

動物[編集]

セキツイ動物の分類[編集]

背骨がある動物のことをセキツイ動物といいます。

セキツイ動物には、魚類両生類は虫類鳥類()乳類の、全部で5種類がある。


  • 魚類
魚類

魚類というのは、いっぱんにいう「さかな」のことです。 メダカなどが魚類です。魚類は、水中で生活しています。一生エラ呼吸をします。 子を生むときは、水中で卵でうみます。変温動物です。


両生類
  • 両生類

両生類には、カエルなどがあります。カエルの子はオタマジャクシですが、オタマジャクシは水中で生活していて、エラで呼吸しています。オタマジャクシが成長するとカエルになりますが、カエルは肺で呼吸しています。

カエルは陸地で生活しています。

このような、子のときはエラ呼吸を、親になると肺呼吸をする動物を両生類といいます。

子を生むときは、水中で卵でうみます。変温動物です。



は虫類
  • は虫類

トカゲなどが、は虫類です。は虫類は、肺呼吸をします。 子を生むときは、陸上で卵でうみます。変温動物です。


  • 鳥類
鳥類

鳥類とは、いっぱんにいう「とり」のことです。スズメやニワトリやハトが鳥類です。ペンギンも鳥類です。 ほとんどの鳥類は、飛ぶことができますが、ダチョウ、ペンギンなど、飛べないものもいます。 鳥類は、肺呼吸をします。 鳥類には、くちばしがあるものが多いです。 鳥類は、子を生むときは、陸上でたまごでうみます。(こう)温動物(まわりの温度によって体温が変化しない動物)です。


  • 哺乳類
ほにゅう類のウシの母親が、子ウシに乳を、のませているところ。
いろいろな、哺乳類

母親が、子に乳をのませて育てるので、哺乳類といいます。

哺乳類には、イヌやネコやウサギやウマやサルやウシやヒトなどがいます。

哺乳類は、肺呼吸をします。

哺乳類は、親に似た形の子を産みます。恒温動物です。

しかし、カモノハシなど、卵を産む哺乳類もいます。

節足動物[編集]

こん虫[編集]

水中の微生物[編集]

メダカ[編集]

食物連鎖[編集]

人体[編集]

消化器官[編集]

呼吸器官[編集]

心臓と血液[編集]

平衡器官[編集]

生殖器官[編集]

運動器官[編集]

排出器官[編集]