中学受験算数/立体図形

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

立体図形[編集]

すい(錐)[編集]

すい(錐)とは、先がとがっている立体のことです。

角すい[編集]

底面が多角形になっているすいのことを角すいといいます。角すいの名前は底面の形によって決まります。たとえば、三角形ならば三角すい、四角形ならば四角すい、五角形ならば五角すいといいます。

三角すい[編集]
三角すい

底面が三角形で、先が とがっている 立体のことを三角すいと言います。

三角すいには、面が 4個 あります。 三角すいの頂点は 4個 あります。 三角すいには、辺は 6本 あります。


正四面体の展開図のうち、展開の仕方のひとつは、つぎのようになります。

Tetrahedron flat.svg

もうひとつ、正四面体のべつの展開のしかたがあるのですが、画像が見つからないので、必要なら外部のサイトなどで探してください。

四角すい[編集]
四角(すい)の例。
  • 底面が四角形で、先が とがっている 立体のことを四角すいと言います。

四角すいには、面が 4個 あります。 四角すいの頂点は 5個 あります。 四角すいには、辺は 8本 あります。

円すい[編集]

いろんな、円錐
  • カラーコーンのように、底面が円で先がとがっている立体のことを円すいと言います。

円すいには、面が 2つ あります。(底面は円の面です。)

円すいの面のうち、底面は円です。

円すいの展開図

円すいの展開図で、扇形の部分の開いている角度を中心角 と言います。

円すいの表面積は、円の面積と、おうぎ形の面積を合わせた合計です。

円すいの側面は、展開すると、おうぎ形になる曲面の部分です。 展開したときの、おうぎ形の半径を 母線(ぼせん) と言います。 ですから、(側面を展開したおうぎ形の弧の長さ)=(底面の円の円周)となります。
つまり、(母線×2×3.14× 中心角/360 )= (底面の円の半径×2×円周率)です(a/bは、b分のaのことです)。
それぞれを2×3.14でわると、(母線×中心角/360)= (底面の円の半径)となります。
側面のおうぎ形の面積は、 母線×母線×円周率×中心角/360 で求められますが、上の「母線×中心角/360 = 底面の円の半径」より、
「底面の円の半径×母線×円周率」という式で求められます。

角錐・円錐の体積[編集]

角錐や円錐の体積は、三角錐も四角錐も、どんな角錐や円錐でも、

底面積×高さ

で求められます。

なぜ、角錐の体積の式が、こうなるかの説明は、むずかしいので、このまま式を、おぼえてください。(角錐の体積の求め方は、小学校では習わないため、注意書きで書いてある場合があります[書いていない学校もある]。)

正多面体[編集]

全ての面が合同な正多角形で、1つの頂点に集まる面の数が全て同じ多面体を 正多面体といいます。以下の5種類があります。この5種類以外にはありません。

  • 正四面体
正四面体

同じ大きさの正三角形が4個集まってできた立体です。三角錐のうちの、すべての辺の長さが等しいものでもあります。

  • 正六面体
正六面体

同じ大きさの正方形が6個集まってできた立体です。立方体ともいいます。

  • 正八面体
正八面体

同じ大きさの正三角形が8個集まってできた立体です。すべての辺の長さが等しい正四角錐2つの底面をぴったりと重ねたものです。立方体の各面の中心を結ぶことでつくることができます。

  • 正十二面体
正十二面体

同じ大きさの正五角形が12個集まってできた立体です。

  • 正二十面体
正二十面体

同じ大きさの正三角形が20個集まってできた立体です。



名前 面の形 頂点に集まる面の数 頂点の数 辺の数
正四面体 正三角形 3 4 6
正六面体(立方体) 正方形 3 8 12
正八面体 正三角形 4 6 12
正十二面体 正五角形 3 20 30
正二十面体 正三角形 5 12 30

体積比と表面積比[編集]

相似比が の2つの相似な立体 PQ があるとき、 PQ の体積比は
PQ の表面積比は
となります。

特別な三角すい[編集]

立体の切断[編集]

  • 切断(断頭)三角柱・円柱
  • 立方体の切断

回転体の体積[編集]

最短きょり[編集]

次の問題について考えましょう。

底面の半径が5cm、母線の長さが30cmである円錐の底面の点Aから、側面を最短きょりで通って点Aにもどってきました。この線の長さは何cmですか。

水量の問題[編集]