中学受験算数

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中学受験では小学校では勉強しないことも出題されることがあります。算数も例外ではありません。ここでは中学受験に必要な算数の知識や問題の解き方などを解説します。

受験に際して(特に保護者の方へ) 中学受験の算数でどのような問題が出題されるかは学校によって異なります。ある学校では小学校で習うような計算問題がほとんどです。しかし、多くの難関校では難しい文章題がいくつも出題されます。また、国立大学付属中学校や公立中高一貫校ではパズルのような問題がよく出題されます。このように、算数は学校によって難易度の差や問題の違いがとても大きい科目です。志望校を決めたら、自分(またはお子さん)がどの程度のレベルで勉強したらよいかをよく考えてください。

ここでは市販の中学受験用テキストでもよく扱われているものを解説します。

進捗状況の凡例

00%.svg 数行の文章か目次があります。
25%.svg:本文が少しあります。
50%.svg:本文が半分ほどあります。
75%.svg: 間もなく完成します。
100 percent.svg: 一応完成しています。


受験に必要な小学校知識(数と計算除く)[編集]

ここで解説している内容は、以下のことを学んでいることを前提としています。学習していない場合には、まず、以下の内容を学習してください。


分野別のリンク[編集]

参考[編集]