中学校社会 歴史/日系ハワイ移民

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日系ハワイ移民[編集]

ハワイに移民する人が、明治の中ごろから増えました。

ハワイではアメリカなどの要望により、砂糖を生産するためのサトウキビが大量に栽培されている大農園を耕す労働力が不足しており、移民を受け入れていました。

ハワイはもともとハワイ王国という独立国であり、ハワイ王国は憲法をもつ立憲君主制の国でしたが、1898年にアメリカによってハワイがアメリカ領として併合されました。

現在でもハワイの人に歌い継がれている歌曲「アロハオエ」は、退位させられた女王リリウオカラニが作詞した曲です。また、歌曲「カウラナ・ナ・プア・オ・ハワイ」は、女王リリウオカラニをたたえて作られた歌です。
また、いわゆる「カメハメハ」とは、1795年にハワイ王国を建てた初代の大王カメハメハ1世のことです。


明治時代の末期にアメリカは移民を制限したので、日本人の移民先がブラジルなどに変わりました。