中学校社会 歴史/明治日本の北海道と沖縄

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

北海道および沖縄[編集]

北海道[編集]

復元された、1873-1879年の開拓使本庁舎 。(北海道開拓の村)。
開拓使の旗(通称「北辰旗」、現在の北海道旗は、このデザインを基にしている)

1869年(明治2年)に、政府は蝦夷地(えぞち)を「北海道」(ほっかいどう)と改めた。 また、開拓使(かいたくし)という役所を置いた。開拓史は官営工場の運営や、鉱山の開発などを行い、また北海道の開拓のため、日本各地から移住者をつのって、北海道に移住させた。

北海道の開発に伴い、先住民のアイヌは従来の土地を失った。また、政府はアイヌに対して同化政策を行い、アイヌの風習の多くは否定されていった。アイヌの人びとは、日本語の使用や、日本風の姓名を名乗ることを義務づけられました。

北海道での農地の開墾・開拓のついでに防備の仕事をする屯田兵(とんでんへい)として、士族を北海道に移住させた。

クラーク。「少年よ、大志をいだけ」(Boys, be ambitious)の格言で有名。札幌農学校の初代教頭を勤めた。
黒田清隆(くろだ きよたか)。開拓使の長官。この黒田の開拓時代に、クラークを日本に招きいれた。

札幌農学校(さっぽろ のうがっこう、今の北海道大学)を設立し、(いわゆる「お雇い外国人」の)クラークの指導の下、北海道の農業にアメリカ式の農業を取り入れた。しかし、北海道以外では、アメリカ式の農法は、あまり取り入れられなかった。

樺太については、 1875年にロシアとの間で、樺太・千島交換条約(からふと・ちしま こうかんじょうやく)が結ばれ、樺太はロシア領と決定し、千島は日本領と決定した。


'

1899年、政府は、アイヌの生活などを保護する名目で、「北海道旧土人保護法」(ほっかいどう きゅうどじん ほごほう)(※ 法律名)を制定した。(※ 注意: 旧来の「土人保護法」ではなく、「旧土人」(アイヌのこと)の「保護法」のこと。)

そして政府は、農業を希望するアイヌ人に、農地を与えた(※ 参考文献: 清水書院、自由社など)。また、契約に不慣れなアイヌ人を守るために、相続以外の土地の取引を、この法律(北海道旧土人保護法)で禁止した(※ 参考文献: 東京書籍のコラムの欄外の表、自由社など)。

また、アイヌの人々だけが通う学校もできた。

第二次大戦後、日本全体の社会保障や福祉政策が整備され、農地改革などにより(※ 自由社の教科書)、アイヌに対する特別な施策は行われなくなった(※ 参考文献: 東京書籍、自由社など)。


1997年、アイヌ文化振興法が制定された。アイヌ語やアイヌ舞踊の伝統が振興されることとなった。また、アイヌ文化振興法の制定にともない、北海道旧土人保護法は廃止された。

2008年、日本の衆参両議院で、「アイヌ民族を先住民族とすることを求める決議」が全会一致(ぜんかいいっち)で採択(さいたく)された。



※ ネット上には、ちらほらバカが「アイヌは多くの部族があったから、『民族』ではなく『部族』である。」とか言ってる場合があるが、しかし、そもそも部族社会であることは、別に民族であることとは矛盾しない。たとえば、アメリカ大陸のインディアンも多くの部族に分かれていたが、しかし先住民族であることにかわりない。同様に、第二次大戦後の独立前のアフリカには多くの部族社会があったが、一定地域に集まってる部族の集団を「民族ではない」とか言い出したら、意味不明である。どうやらバカの脳内では、「民族」と「国民国家の国民」との区別がついてないらしい。
「アイヌは民族ではない」と言ってるバカ相手に、この程度の反論できない歴史学者も、頭でっかちで、低能である。堂々と「アイヌ民族」「アイヌ人」といえばいいのに、教科書中で「アイヌの人びと」とか濁した(にごした)表現を言ってる、ヘタレの教科書も多い。



沖縄[編集]

尚泰(しょうたい)。 最後の琉球国王になった。

1871年に、清と日本国との間で、日清修好条規(にっしん しゅうこうじょうき)が結ばれ、国交が開かれた。

琉球(りゅうきゅう)は、江戸時代には薩摩藩に事実上は支配されていた。しかし、形式的には、琉球は清にも朝貢する外交を行っていた。

このため、琉球や台湾の所属の問題で、日本政府は清と、たびたび対立していた。

なお台湾に流れ着いた琉球の人々が、台湾で先住民に殺害される事件が置き、これを口実に日本政府は1874年に台湾出兵(たいわん しゅっぺい)をした。清から賠償金を取った。

廃藩置県(1871年)のあと、1872年に政府は琉球藩(りゅうきゅうはん)を置いた。廃藩置県の方針に従い、1879年に琉球の藩を廃止し、沖縄県を設置した。これを琉球処分(りゅうきゅうしょぶん)という。

学校教育をすぐに導入したが、租税制度などの行政はすぐには変えなかった。

1895年には尖閣諸島(せんかくしょとう)も日本領として編入された。(※ 指導要領の改訂で、尖閣についても扱うことになった。)



その他の地域[編集]

1876年ごろ、日本政府は、小笠原列島は日本領であると宣言した。国際的社会は、日本の小笠原所有を認めた。

1905年、島根県の竹島(たけしま)も日本領になった。