中学校社会 歴史/江戸時代の文化と学問

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

江戸時代の学問[編集]

教育[編集]

寺子屋の、ようす。

百姓や町民などの庶民は、「読み」(日本語の読み)、「書き」(日本語の習字)、「そろばん」(算数のこと)などを寺子屋(てらこや)で学んだ。

当時の外国では、読み書きの出来る庶民は少なく、世界各国の中でも、日本は文字を読める人が多い国であった。

伝統的な学問[編集]

  • 儒学(じゅがく)

徳川家康(とくがわいえやす)をはじめとして幕府は、幕府を保ちつづけるには儒学(じゅがく)などの道徳的な学問が必要だと考え、武士に儒学を学ばせた。

儒学では、平和に必要なのは、忠義の大切さや、子の親への忠孝の大切さなど、上下関係にもとづく忠孝や礼儀が、社会の平和に必要だと考えられていた。

このように上下関係にもとづき平和を求めるという儒学の内容が、幕府の士農工商などの身分差別の制度にも都合が良かったので、儒学が武士に学ぶべきとされる学問になった。

儒学の中でも、朱子学(しゅしがく)と言われる学問は、とくに上下関係による礼節を重んじていたので、幕府は朱子学こそ儒学の中でも学ぶべき学問と定めていき、朱子学が武士の学ぶべき学問とされた。

5代将軍の綱吉のころ、幕府は武士に儒学を学ばせる学校を江戸に開き、 昌平坂学問所(しょうへいざかがくもんじょ) を開いた。ほかの藩も、武士の教育のため、藩校(はんこう)を開いた。


  • 儒学以外の学問

いっぽう、ヨーロッパの政治や道徳や宗教などに関する学問は、日本の社会をまどわし日本を混乱におとしいれる危険な学問であるだろう、というふうなことが江戸幕府に考えられており、西洋の政治に関する学問の多くは禁止をされ、西洋道徳を学ぶことも禁止された。

日本の古典や歴史を学ぶことは幕府は認めていた。なので、たとえば万葉集(まんようしゅう)などの古典や、古事記(こじき)・日本書紀(にほんしょき)などの歴史を学んだり研究する者もあらわれた。

蘭学(らんがく)[編集]

ヨーロッパの医学や農学、科学技術など、キリスト教や政治道徳に関係の無い学問を学ぶことは、江戸時代のなかばの18世紀はじめごろ、8代将軍・徳川吉宗の改革などにより、西洋の科学技術などの研究が認められていった。 当時はオランダ語を通して西洋の科学を学んでいたので、ヨーロッパから取り入れた学問のことを蘭学(らんがく)と言った。 *蘭(らん)とはオランダのこと


  • 医学書『ターヘル・アナトミア』の翻訳(ほんやく)
『解体新書』の扉絵(とびらえ)。扉絵は底本『ターヘル・アナトミア』の扉絵とはまったく異なっている。
解体新書の中の絵の例。

18世紀のおわりごろ、オランダの医学書が日本語へと訳(やく)された。翻訳書(ほんやくしょ)を出したのは、医者の杉田玄白(すぎたげんぱく)と医者の前野良沢(まえのりょうたく)の二人がかりである。 杉田と前野の協力により、オランダ語で書かれた医学書の『ターヘル・アナトミア』(オランダ語:Ontleedkundige tafelen「オントレートクンディヘ・ターフェレン」)が日本語に訳され、翻訳版(ほんやくばん)が『解体新書』(かいたいしんしょ)として出されたのである。

杉田玄白(すぎたげんぱく

これが、西洋の本を日本語に訳した本のうち、日本では初めての本格的な翻訳書になった。


翻訳の当時は、日本語で書かれたオランダ語の辞書は無くて、たいへんに時間がかかり、わずか一行ほどの文章を翻訳するのにも数日がかかることもあって、翻訳本の出来上がるまでには4年ほどの年月がかかった。

まだオランダ語に対応する日本語が無い言葉もあって、「神経」(しんけい)・「軟骨」(なんこつ)・「動脈」(どうみゃく)・「盲腸」(もうちょう)・「十二指腸」(じゅうにしちょう)などの言葉は、この翻訳のときに前野と杉田が考えた言葉である。

ついでに杉田と前野は、翻訳のときの苦労話などを書いた本である『蘭学事始』(らんがくことはじめ)という本を記した。

ちなみにオランダの医学書のターヘル・アナトミアそのものが、じつは、ドイツの医学書の翻訳本である。


シーボルト
なお、彼はドイツ人である。

19世紀には、オランダ商館の医師として長崎に来日したシーボルトが、鳴滝塾(なるたきじゅく)をひらき、医学をおしえるかたわら、いろいろな蘭学を教え、多くの弟子を育てた。

シーボルトは帰国のときに、国外持ち出しの禁じられていた地図を持ち出そうとしたため、追放された。


平賀源内(ひらがげんない)
平賀源内作のエレキテルの複製(ふくせい)。国立科学博物館の展示。

いっぽう江戸では、18世紀のなかごろ、植物や絵画や蘭学など色々なことに詳しい平賀源内(ひらがげんない)が発電機(はつでんき)のエレキテルを作った。エレキテルでの発電の仕組みは、摩擦(まさつ)によって発電する仕組みである。平賀源内は、ほかにも、寒暖計(かんだんけい)を日本で初めて作っている。


その他の科学技術[編集]

伊能忠敬を描いている切手、1995年発行の切手
  • 測量(そくりょう)

伊能忠敬(いのう ただたか)は、日本全国を地図をつくるために細かく調べる測量(そくりょう)する旅をして、正確な日本地図である『大日本沿海輿地全図』(だいにほんえんかい よちぜんず)を作った。


国学[編集]

江戸時代のなかばごろから、儒教や仏教の考えにとらわれない立場で、日本古来の古典や文化の研究をする学問が生まれてきて、このような学問を 国学(こくがく) という。

本居宣長

賀茂真淵(かものまぶち)の弟子の本居宣長(もとおり のりなが)が『古事記』の研究を行い、本居宣長(もとおり のりなが)は『古事記伝』(こじきでん)を記し、国学を高めた。 宣長の研究は『古事記』のほかにもあって、平安時代の紫式部の『源氏物語』についても研究している。

国学の、そもそものきっかけは、もっと前の時代に、さかのぼる。 4代将軍の徳川家綱(いえつな)の時代の1650年代のころに水戸藩の藩主であった徳川光圀(とくがわ みつくに)は、日本史の研究を人々に勧め(すすめ)させた。その歴史研究にともなって、万葉集などの古典も研究された。

光圀の命令により、僧の契沖(けいちゅう)が万葉集を研究し、つぎのようなことに気づいていった。


学者たちの古典研究の結果、学者たちから、儒教や仏教の考えにとらわれない立場で、日本古来の古典や文化の研究をする学問が生まれてきて、のちに国学(こくがく) へと発展していく。

つまり、国学の発展にともない、儒学にもとづいた古典研究への疑い(うたがい)が、ふえてきた。

「 『万葉集』や『古事記』などの日本の古典の内容を研究するときに、外国の国の文化である儒教や仏教だけの道徳にもとづいて研究するのは、おかしくないか? 」

「そもそも儒学は中国という外国の学問じゃないか? 仏教だって、中国から伝わったインドの宗教だ。日本古来の宗教ではない。」

「中国の古典を研究するときに、中国の儒教の立場から考えてみるのなら、まだ分かる。」

「しかし、なぜ日本の研究で、しかも平民にまだ儒教や仏教が伝わってない時代の『万葉集』や『古事記』の研究で、儒教や仏教の考えにもとづいてばかりの研究しか、儒学者は研究しないのか? おかしくないか?」

「日本古来の伝統とは、儒学にもとづいてではなく、その古代の道徳を解き明かして、研究するべきだろう?  日本の古典文化を研究するときは、儒教にとらわれない立場で日本古来の古典や文化の研究をするべきだろうと思う。」


以上のような考えが、国学の考え方である。

徳川光圀(とくがわ みつくに)から万葉集の研究を命じられた契沖(けいちゅう)は万葉集を研究し『万葉代匠記』(まんようだいしょうき)を記して1690年に出来あがった。研究を命じた光圀は、のちに日本史の歴史書の『大日本史』(だいにほんし)を記した。


もっとも、国学のきっかけである徳川光国は、儒学も信望してた。また、『万葉代匠記』を表した契沖も、仏教の僧侶である。

この契沖の研究を、さらに発展させたのが、後の時代(吉宗のころ)の荷田春満(かだの あずままろ)であり、さらに荷田春満の弟子の賀茂真淵(かものまぶち)が研究を受け継いだ。

さらに、のちの時代(10代将軍家治(いえはる)のころ)に、本居宣長(もとおり のりなが)が『古事記』の解読(かいどく)と研究を行い、以上に述べたように国学をより発展させた。本居宣長は賀茂真淵(かものまぶち)の弟子である。

  • 発展: 儒教の古学(こがく)と、寛政異学の禁(かんせい いがく の きん)
(※ 中学の範囲外?)

じつは儒教の研究者のほうも、国学より少し前のころ、日本国内で日本人の儒学者から改革者が出てきて、彼ら改革者が言うには、

「孔子の真意を知るには、現代(当時)の朱子学ではなく、『論語』などの古代中国の文献(ぶんけん)を直接、研究するべきではないか? 」
「朱子学の内容は、論語の内容とは、違うのではないのか?」
「朱子学なんて、『論語』の解釈のうちの、いくつもある解釈のうちの、たったひとつではないか?」
「単なる解釈のひとつにすぎない朱子学ではなく、直接、『論語』などの古代の文献を研究しないとおかしい」

などの主張があった。

そこで、だったら『論語』を直接、研究しよう、という運動が、おこった。これを古学(こがく)という。

この「古学」は儒教の研究だが、『論語』など古代中国の古典の原典にあたろうとする客観的な研究により、伊藤仁斎(いとう じんさい)などの研究により、すぐれた研究成果をあげ、のちの「国学」にも影響を与えた。

しかし幕府は、古学が、体制の学問である朱子学を批判しているので、寛政2年(1790年)に寛政異学の禁(かんせい いがく の きん)で、朱子学以外の儒学を規制し、陽明学(ようめいがく)などの規制とともに古学も規制して、陽明学や古学を公式な場所で授業することなどを禁止した。

江戸時代の文化[編集]

江戸時代の初期[編集]

(※ 範囲外?:) 火薬は、戦国時代には鉄砲の弾薬として利用されていた。しかし、江戸時代に入ってから火薬の技術は、花火(はなび)などの娯楽に活用された。(※ 帝国書院の検定教科書で紹介されている。)

元禄文化[編集]

江戸時代の文化は、まず、17世紀末ごろから18世紀はじめごろにかけて、大阪や京都を中心に、新しい文化(「元禄文化」(げんろくぶんか)という)が生まれ、発展した。江戸の半ば頃から文化の中心が江戸に移っていった。

ちなみに、江戸時代はじめ頃の大阪や京都を中心とした文化を 元禄文化(げんろくぶんか) と言う。元禄とは、この時代の元号が元禄(げんろく)だからだ。

元禄文化の特ちょうは、町人を中心とした文化であり、生き生きとした活気のある文化である事が、元禄文化の特ちょうである。


文芸[編集]

町人の生活をえがいた小説が好まれるようになった。江戸時代、町人など庶民の様子をえがいた小説のことを 浮世草子(うきよぞうし) という。大阪の小説家の井原西鶴(いはらさいかく)が『日本永代蔵』(にほんえいたいぐら)や『世間胸算用』(せけん むねさんよう)などを表した。井原の小説などが「浮世草子」と呼ばれている。

(※ 範囲外: )井原西鶴は、『好色一代男』(こうしょく いちだいおとこ)という作品も書いた。色恋(いろこい)に あけくれる主人公の男性をテーマにした作品である。


元禄文化のさかえた大阪は、商業のさかんな都市であり、町人の気風がつよく影響している。

  • 俳諧(はいかい)

5・7・5の口調で季節の様子を句にする俳諧(はいかい)は、松尾芭蕉(まつお ばしょう)によって生み出された。俳句は連歌が、もとになっている。

芭蕉は、

「古池(ふるいけ)や 蛙(かわず)飛びこむ 水(みず)の音(おと)」

など多くの句を作りました。


また芭蕉は諸国を旅して、その観察した諸国の様子を『奥の細道』(おくの ほそみち)にまとめた。

絵画[編集]

『見返り(みかえり)美人図』 菱川師宣(ひしかわ もろのぶ)の筆。

絵画では、描かれる対象が町人や女性などのようすになり、それらの絵を版画(はんが)を利用して印刷する浮世絵(うきよえ)が、絵描きの菱川師宣(ひしかわ もろのぶ)によって広まりました。

しだいに、浮世絵は木版画(もくはんが)によって、たくさん刷られる(すられる)ようになり、庶民に広まっていった。

貿易などを通じてヨーロッパにも浮世絵が伝わっていき、ヨーロッパでも浮世絵は評判になりました。

絵画では浮世絵の他にも、装飾画の分野で尾形光琳(おがた こうりん)が活躍しました。

演劇など[編集]

  • 人形浄瑠璃

物語を、三味線などを伴奏にしてリズミカルに節をつけて、あやつり人形をうごかしながら語るという人形浄瑠璃(にんぎょうじょうるり)が元禄期の大阪や京都で、はやりました。

人形浄瑠璃の脚本家(きゃくほんか)では、近松門左衛門(ちかまつ もんざえもん)が有名である。近松の作品には『曽根崎心中』(そねざきしんじゅう)や『国性爺合戦』(こくせんや かっせん)などがあります。

  • 歌舞伎(かぶき)

歌舞伎(かぶき)は、江戸時代、踊り(おどり)ではなく演劇(えんげき)を中心とするものへと変わった。

化政文化[編集]

江戸時代の後半になると、文化は、江戸の町人が中心になった。この江戸時代後半の江戸を中心とした文化を 化政文化(かせいぶんか) という。

文芸[編集]

  • 小説

作家の十辺舎一九(じゅぺんしゃ いっく)が東海道の旅行のようすを、おもしろおかしく書いて『東海道中膝栗毛』(とうかいどうちゅう ひざくりげ)を書いた。

滝沢馬琴(たきざわばきん)が『南総里見八犬伝』(なんそうさとみ はっけんでん)を書いた。

  • 狂歌や川柳

庶民のあいだに、五七調で世相をひにくる文をよむ、狂歌(きょうか)や川柳(せんりゅう)が流行しました。


  • 俳句

俳句は、与謝蕪村(よさ ぶそん)や小林一茶(こばやし いっさ)が発展させた。

「雀の子(すずえのこ) そこのこ そこのけ お馬(おうま)が通る(とおる)」(小林一茶の句)

絵画[編集]

鈴木晴信(すずき はるのぶ)が版画の多色刷りの方法である 錦絵(にしきえ) を開発し、そのため、化生文化では浮世絵が大流行して、多くの絵描き(えかき)が出た。

喜多川歌麿(きたがわ うたまろ) :美人画(びじんが)で有名。
安藤広重(あんどう ひろしげ) :風景画で有名。
葛飾北斎(かつしか ほくさい) :風景画で有名。作品に『富嶽三十六景』(ふがく さんじゅうろっけい)など。

『富嶽三十六景』より、一部を紹介。

役者絵。東洲斎写楽の筆。

東洲斎写楽(とうしゅうさい しゃらく) :役者絵(やくしゃえ)で有名で歌舞伎(かぶきやくしゃ)役者などを描いた。

その他[編集]

旅行が、庶民のあいだに流行しており、観光などを兼ねて(かねて)、遠くの寺社に参詣(さんけい)のために旅行するのが流行していました。

各地の特産品や工芸品などが、江戸時代全般(ぜんぱん)を通して発展していきました。

落語(らくご)が流行し、寄席(よせ)が多く作られた。(※ 東京書籍、清水書院など。)落語は歌舞伎よりも手軽に楽しめたことも、流行の理由のひとつのようです。(※ ← 清水書院の見解。)

その他[編集]

正月 と 雑煮(ぞうに)や、節分、ひな祭り と ひな人形、端午の節句 と こいのぼり、などの年中行事が庶民にも広まったのは、江戸時代のころです。それ以前は、武家など一部の人の行事でした。(なお、年中行事(ねんじゅうぎょうじ)とは、毎年 特定の日に行う行事のことです。)

なお、江戸時代の暦(こよみ)は旧暦であり、中国の暦を手本にしており、現在とは違う暦(こよみ)なので、約1か月ほどのズレがあります。