中学校社会 歴史 旧石器時代から縄文時代へ

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中学校社会 歴史 > 旧石器時代から縄文時代へ

氷河時代の日本[編集]

オオツノシカ骨格標本。

今から数万年も前の 氷河時代(ひょうがじだい) には、地上には、今よりも多く氷った土地があり、そのため海水面が今よりも低く、日本は大陸(たいりく)と地続きだった。 ナウマンゾウオオツノジカ や マンモス などの動物も、日本にやってきた。(※ 教科書の範囲外: 「オオツノジカ」とは、大きな角(つの)の鹿(シカ)だから、オオツノジカという。)


ナウマンゾウなどの骨の化石が、日本で発見されている。野尻湖では、ナウマンゾウとオオツノジカの化石が発見されている。

この時代の気候については、植物の化石からも、地層などから、寒い地域に多い木の花粉の化石が多く見つかっており、今よりも気候が寒冷だったらしいことが分かっている。

マンモスの復元模型
(※ マンモス: 更新世後期の寒冷期にシベリアから北海道に渡来した亜寒帯動物郡の象。同じ頃エゾシカ・ヘラジカなども来た。)

3万年前[編集]

3万年前には、日本列島に人間(新人)がやってきていた。まだ、石器時代であり、 打製石器(だせい せっき) を使っている 旧石器時代(きゅうせっき じだい) である。

当時の人間の生活は、大型動物の狩りをしたり、木の実などを採集していた。

日本にも、旧石器時代があったことが、考古学の調査により、知られている。 この時代は、まだ土器は作られておらず、先土器時代(せんどき じだい)ともいう。

住居は、簡単なつくりの小屋や、洞窟(どうくつ)など暮らしていた。

まだ、きちんとした農業は、始まっていない。そもそも、人々は、一つの場所には定住せず、えもの の動物を追って、移り住んでいたと考えられており、したがって農業をする必要も無い。

  • 岩宿遺跡(いわじゅく いせき)

群馬県の 岩宿遺跡(いわじゅく いせき) からは、三万年前の地層と二万年前の地層から、打製石器のかけらが見つかっています。

岩宿遺跡(いわじゅく いせき)の石器は1946年に発見されました。青年の相沢忠宏(あいざわ ただひろ)により、発見されました。 相沢により、群馬県の関東ローム層の地層から、石器のような、黒曜石(こくようせき)の かけら が発見されます。

相沢は、この石の破片を、大学に調査してもらおうと思い、明治大学(めいじだいがく)に石の破片(はへん)の調査(ちょうさ)を依頼(いらい)しました。(※ 学校名の「明治大学」は、おぼえなくて良い。) 明治大学などの学者の調査で、この遺跡が一万年以上前の遺跡であることが分かり、日本に旧石器時代があったことが証明されます。


人類は 猿人 原人 新人 の順番

2万年前〜[編集]

約2万年前ごろから、気候が温暖になりはじめた。

約1万年前〜[編集]

縄文土器(じょうもん どき)

そして約1万年前には、ついに氷河時代が終わり、南極や氷河の氷が溶けて、海水面が上がっていた。海水面の上昇により、日本列島が大陸(ユーラシア大陸)から切り離され、ほぼ現在の形になっていた。

日本では、ナウマンゾウやオオツノジカは、絶滅した。

この時代に、西アジアなどを中心に世界では農業が始まったいた。気候が暖かくなったこともあり、農作物が育ちやすくなったと考えられている。 また、土器も、世界では作られ始めた。

縄文時代[編集]

日本でも、しだいに農業や土器の生産が始まっていった。農業では、クリなど、実のなるものを栽培していた。クリやドングリなどを食料にしていた。植物の栽培など、原始的な農業は始まっていたが、まだ本格的な農業は、この時代には始まっていないと考えられている。

日本の土器は、食料の煮炊きや、保存などのために用いられた。ドングリなどを煮炊き(にたき)していた。 (ドングリは、煮て、アクを抜かないと、食べられない。クリは、アクがないので、煮なくても食べられる。)

日本の、このころの土器は、表面に縄の文様がついているので、 縄文土器(じょうもん どき) と言われる。 そして、日本での、この時代を 縄文時代(じょうもん じだい) という。

弥生(やよい)時代の竪穴住居(復元、吉野ヶ里遺跡)。
※ 縄文時代とは別の時代(弥生時代)の画像です。画像を代用しています。

縄文時代の人の家の建物(たてもの)は、 たて穴住居(たてあな じゅうきょ、竪穴住居) といって、地面に穴をほりさげたあとに、柱を立てて、草ぶきの屋根をかけただけの住居にすんでいました。

加曽利貝塚(かそり かいづか)、北貝層断面

縄文人の集落が あったとおもわれる場所からは、貝がらが多い場所が、たくさんでてきます。

この貝がらが多くある場所を 貝塚(かいづか) と言います。

縄文時代の石器には、打製石器の他に、表面を磨いた(みがいた) 磨製石器(ませいせっき) が見つかっています。 また、矢じりの石器などが見つかっており、弓矢が作られていたらしいことが分かっています。この時代は、弓矢による狩りでは、動きの素早いシカやイノシシなどの中型の獣(けもの)を狩っていたと思われています。

磨製石器は、石の槍先(やりさき)や、石の矢じり、斧(おの)などに使われています。

動物の骨でつくった 骨角器(こっかくき) という刃物も、みつかっています。 骨角器でつくった釣り針(つりばり)や もり(水中の魚を突き刺す武器) なども、見つかっています。

打製石器を旧石器ということがあるように、磨製石器を 新石器(しんせっき) とも言います。

この時代の住まいとして、穴に柱を立てて、草や木の枝で屋根を作っただけの 竪穴住居(たてあな じゅうきょ) が出てきました。

土偶(どぐう)。亀ヶ岡遺跡で出土

縄文の遺跡(いせき)からは、土偶(どぐう)という土を焼き固めて作られた、女性のような形の人形が見つかる場合があります。 土偶(どぐう)は、食料が増えることを祈ったり(いのったり)、女性の安産をいのったものだと考えられています。


貝塚(かいづか)には、たとえば 大森貝塚(おおもり かいづか) があります。明治時代に、アメリカ人のモースが大森貝塚を発見しました。この大森貝塚の発見が、きっかけとなり、日本各地で貝塚の調査や発掘が、始まりました。 ほかの貝塚には、福井県の鳥浜貝塚(とりはま かいづか)や、千葉県の加曽利貝塚(かそり かいづか)がある。

  • 三内丸山遺跡(さんない まるやま いせき)
六本柱建物(復元)

青森県の 三内丸山遺跡(さんない まるやま いせき)は、今からおよそ5000年前の集落だと思われています。三内丸山遺跡からは、栗(くり)の木を栽培した形跡(けいせき)が見つかっています。 多くの土器や石器のあとも、みつかっています。

大型の、掘立て柱(ほったてばしら)も、見つかっています。掘立て柱の用途は、まだ分かっていません。 ヒスイの玉や、黒曜石(こくようせき)で出来た刃物のようなものも、見つかっています。

ヒスイは、この地ではとれず、新潟県の糸魚川(いといがわ)などの他の土地で取れるので、他の地域と交易があったのだろう、ということが考えられています。

この三内丸山遺跡(さんない まるやま いせき)は、縄文時代を知る遺跡として、代表的な遺跡です。

  • 屈葬(くっそう)

縄文人の死者の骨は、姿勢が、手足を折り曲げて、葬られて(ほうむられて)いる骨が多く見つかっています。このような葬り方を屈葬(くっそう)と言います。この姿勢で葬った理由は、まだ分かっていません。

※ ウィキペディアに、屈葬の画像が無いので、外部の資料で画像を確認ください。

この時代の社会は、村長はいたが、まだ、貴族などの階級などは無かったと思われている。住居の大きさや、墓などの遺跡を調べても、だれの住居や墓でも、それほど大きさに変わりはなく、副葬品なども少なく、よって貴族などはいなかったと思われている。

以上のような縄文時代が、紀元前500年くらいまで、約1万年と数千年ほど続きました。

イネの栽培については、一説では、すでに縄文時代の後期から、大陸から伝わってきた稲作により、九州を中心に日本各地でイネの栽培が始まっていたという説があります。いっぽう、定説では、縄文時代のあとの弥生時代から日本各地でイネの栽培が始まったというのが定説です。