会社法施行規則第96条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法会社法会社法施行規則

条文[編集]

(補欠の会社役員の選任)

第96条
  1. 法第329条第2項 の規定による補欠の会社役員(執行役を除く。以下この条において同じ。)の選任については、この条の定めるところによる。
  2. 法第329条第2項 に規定する決議により補欠の会社役員を選任する場合には、次に掲げる事項も併せて決定しなければならない。
    一 当該候補者が補欠の会社役員である旨
    二 当該候補者を補欠の社外取締役として選任するときは、その旨
    三 当該候補者を補欠の社外監査役として選任するときは、その旨
    四 当該候補者を一人又は二人以上の特定の会社役員の補欠の会社役員として選任するときは、その旨及び当該特定の会社役員の氏名(会計参与である場合にあっては、氏名又は名称)
    五 同一の会社役員(二以上の会社役員の補欠として選任した場合にあっては、当該二以上の会社役員)につき二人以上の補欠の会社役員を選任するときは、当該補欠の会社役員相互間の優先順位
    六 補欠の会社役員について、就任前にその選任の取消しを行う場合があるときは、その旨及び取消しを行うための手続
  3. 補欠の会社役員の選任に係る決議が効力を有する期間は、定款に別段の定めがある場合を除き、当該決議後最初に開催する定時株主総会の開始の時までとする。ただし、株主総会(当該補欠の会社役員を法第108条第1項第九号 に掲げる事項についての定めに従い種類株主総会の決議によって選任する場合にあっては、当該種類株主総会)の決議によってその期間を短縮することを妨げない。

解説[編集]

関連条文[編集]


前条:
会社法施行規則第95条
(種類株主総会)
会社法施行規則
第二編 株式会社
第4章 機関
第2節 会社役員の選任
次条:
会社法施行規則第97条
(累積投票による取締役の選任)
このページ「会社法施行規則第96条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。