会社法施行規則第98条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法会社法会社法施行規則 (コンメンタール会社法)

条文[編集]

(取締役)

第98条
  1. 法第348条第3項第四号 に規定する法務省令で定める体制は、次に掲げる体制とする。
    一 取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
    二 損失の危険の管理に関する規程その他の体制
    三 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
    四 使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
    五 当該株式会社並びにその親会社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
  2. 取締役が二人以上ある株式会社である場合には、前項に規定する体制には、業務の決定が適正に行われることを確保するための体制を含むものとする。
  3. 監査役設置会社以外の株式会社である場合には、第1項に規定する体制には、取締役が株主に報告すべき事項の報告をするための体制を含むものとする。
  4. 監査役設置会社(監査役の監査の範囲を会計に関するものに限定する旨の定款の定めがある株式会社を含む。)である場合には、第一項に規定する体制には、次に掲げる体制を含むものとする。
    一 監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項
    二 前号の使用人の取締役からの独立性に関する事項
    三 取締役及び使用人が監査役に報告をするための体制その他の監査役への報告に関する体制
    四 その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

解説[編集]

関連条文[編集]

このページ「会社法施行規則第98条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。