会社法施行規則第99条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法会社法会社法施行規則 (コンメンタール会社法)

条文[編集]

(社債を引き受ける者の募集に際して取締役会が定めるべき事項)

第99条
  1. 法第362条第4項第五号 に規定する法務省令で定める事項は、次に掲げる事項とする。
    一 二以上の募集(法第676条の募集をいう。以下この条において同じ。)に係る法第676条 各号に掲げる事項の決定を委任するときは、その旨
    二 募集社債の総額の上限(前号に規定する場合にあっては、各募集に係る募集社債の総額の上限の合計額)
    三 募集社債の利率の上限その他の利率に関する事項の要綱
    四 募集社債の払込金額(法第676条第九号 に規定する払込金額をいう。以下この号において同じ。)の総額の最低金額その他の払込金額に関する事項の要綱
  2. 前項の規定にかかわらず、信託社債(当該信託社債について信託財産に属する財産のみをもってその履行の責任を負うものに限る。)の募集に係る法第676条各号に掲げる事項の決定を委任する場合には、法第362条第4項第五号に規定する法務省令で定める事項は、当該決定を委任する旨とする。


解説[編集]

関連条文[編集]

このページ「会社法施行規則第99条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。