会社法第817条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学民事法商法コンメンタール会社法第6編 外国会社

条文[編集]

w:外国会社の日本における代表者)

第817条
  1. 外国会社は、日本において取引を継続してしようとするときは、日本における代表者を定めなければならない。この場合において、その日本における代表者のうち一人以上は、日本に住所を有する者でなければならない。
  2. 外国会社の日本における代表者は、当該外国会社の日本における業務に関する一切の裁判上又は裁判外の行為をする権限を有する。
  3. 前項の権限に加えた制限は、善意の第三者に対抗することができない。
  4. 外国会社は、その日本における代表者がその職務を行うについて第三者に加えた損害を賠償する責任を負う。

解説[編集]

関連条文[編集]


前条:
会社法第816条
(持分会社の設立の特則)
会社法
第6編 外国会社
次条:
会社法第818条
(登記前の継続取引の禁止等)
このページ「会社法第817条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。