債権総論

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
移動先: 案内検索
民法 > 債権総論


債権総論では、民法の債権総論について読むことが出来ます。

債権とは、いわば人に対する権利であり、債権はその人にしか主張できないのが原則です。一方で、当事者間で合意することによって基本的に自由に権利義務関係を設定することが認められます。

ここでは、このような債権の総論部分について取り扱います。なお、目次は便宜上名称を付け区別してありますが、どのような分類をするかやどのような順番が良いかは人によっても異なります。

目次[編集]

  • 第1課 債権とは - ここでは、債権・債務に関して一般的に、その種類や性質、効力などにつき取り上げます。
  • 第2課 債務不履行1 - ここでは、債務不履行について、その要件などにつき取り上げます。
  • 第3課 債務不履行2 - ここでは、債務不履行による損害賠償について、損害の概念や損害賠償の範囲などについて取り上げます。
  • 第4課 債権者代位権 - ここでは、債権者代位権について取り上げます。
  • 第5課 詐害行為取消権 - ここでは、詐害行為取消権(債権者取消権)について取り上げます。
  • 第6課 債権譲渡1 - ここでは、債権譲渡について、債権譲渡の対抗要件以外の部分につき取り上げます。
  • 第7課 債権譲渡2 - ここでは、債権譲渡の対抗要件に関する部分につき取り上げます。
  • 第8課 弁済1 - ここでは、債権の弁済に関して、弁済の提供や供託、受領遅滞などを取り上げます。
  • 第9課 弁済2 - ここでは債権の弁済に関して、第三者弁済や弁済による代位などについて取り上げます。
  • 第10課 相殺 - ここでは、相殺について取り上げます。
  • 第11課 多数当事者の債権関係 - ここでは、多数当事者間の債権債務関係一般について取り上げます。
  • 第12課 連帯債務 - ここでは、連帯債務について取り上げます。
  • 第13課 保証債務 - ここでは、保証について取り上げます。

略など[編集]

条数だけで示してあるものは、民法の条文です。

参考文献[編集]