コンテンツにスキップ

公認会計士試験/平成30年第I回短答式/財務会計論/問題15

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
←前の問題
次の問題→

問題[編集]

 次の〔資料〕に基づき,X1 年度(X1 年4 月1 日〜X2 年3 月31 日)の決算日におけるY社のリース債務の残高として最も適切なものの番号を一つ選びなさい。なお,計算結果に端数が生じる場合,千円未満を四捨五入すること。(8点)

資料

1.Y社はX1 年3 月1 日に,以下の条件で営業用備品のリース契約を結んだ。

(1) リース取引の開始日は,X1 年4 月1 日である。
(2) リース物件の営業用備品は特別仕様である。
(3) リース契約が終了した時点で,リース物件の所有権は借手であるY社に移転する。
(4) 解約不能のリース期間は4 年である。
(5) リース料の年額は1,000 千円であり,毎年3 月31 日に前払いする。

2.貸手の購入価額は3,800 千円であり,貸手からの通知を受けて,Y社はこの金額を知っている。この条件によると,貸手の計算利子率は3.5 %となる。

3.Y社がリース物件を自ら購入したと仮定した場合の見積現金購入価額は3,900 千円である。

4.リース取引の開始日時点において,Y社の追加借入利子率は4.2 %と見積もられた。

5.リース物件である営業用備品の経済的耐用年数は5 年である。

6.Y社の減価償却方法は定額法である。

1. 1,881千円
2. 1,898千円
3. 1,918千円
4. 2,022千円
5. 2,765千円
6. 2,933千円


正解[編集]

2

解説[編集]

リース資産およびリース債務の計上額
3,800
適用利率
3.5%
※所有権移転ファイナンス・リースであり、貸手の購入価額を知りうるため
年月日 返済前リース債務 返済額 返済後リース債務
X1.4.1 3,800 △1,000 2,800
(※利息2,800×3.5%=98,返済額1,000-98=902)
X2.3.31 2,800 △902 1,898
(※利息1,898×3.5%=66,返済額1,000-66=934)
X3.3.31 1,898 △934 964
(※利息964×3.5%=36,返済額1,000-36=964)
X4.3.31 964 △964 0

仕訳[編集]

X1年3月31日
(借) 前払金 1,000 (貸) 現金預金 1,000
X1年4月1日(リース開始)
(借) リース資産 3,800 (貸) リース債務 3,800
(借) リース債務 1,000 (貸) 前払金 1,000
X2年3月31日
(借) 支払利息 98 (貸) 現金預金 1,000
リース債務 902
←前の問題
次の問題→