公認会計士試験/平成30年第II回短答式/管理会計論/問題10

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
←前の問題
次の問題→

問題[編集]

 次の〔資料〕に基づき,甲社の前期および当期の収益性分析に関する以下の記述のうち,正しいものの組合せとして最も適切な番号を一つ選びなさい。なお,計算過程で端数が生じる場合,各数値の小数点第2位を四捨五入すること。また,( * )に当てはまる数値は各自推定すること。(8点)

資料

貸借対照表 (単位:百万円)
資産 前期 当期 負債・純資産 前期 当期
現金預金 574 482 仕入債務 1,232 1,486
売上債権 1,092 1,138 短期借入金 420 468
たな卸資産 462 642 その他流動負債 168 138
その他流動資産 28 16 長期借入金 560 62
固定資産 1,260 ( * ) 純資産 1,036 1,058
合計 ( * ) 3,752 合計 ( * ) 3,752
損益計算書(抜粋) (単位:百万円)
前期 当期
売上高 5,544 5,628
売上総利益 ( * ) 1,594
販売費及び一般管理費 1,344 1,376
営業外収益 70 76
営業外費用 140 ( * )
経常利益 266 148

ア.総資本経常利益率は,前期から当期で3.9 ポイント低下したが,その原因の一つには,売上高経常利益率が2.2 ポイント低下したことがある。

イ.売上高経常利益率は,前期から当期で悪化しているが,これは営業外収支の悪化が原因である。

ウ.総資本回転率が前期から当期で0.1 回転悪化したが,その原因の一つには,固定資産回転率が0.6 回転悪化したことがある。

エ.売上高経常利益率は,前期から当期で悪化しているが,これは売上高総利益率が前期から当期で2.2 ポイント低下したことが主たる原因である。

1. アイ 2. アウ 3. アエ 4. イウ 5. イエ

正解[編集]

2

解説[編集]

前期 当期 増減
総資本経常利益率

(=経常利益÷総資本)

7.8% 3.9% -3.9ポイント
売上高経常利益率

(=経常利益÷売上高)

4.8% 2.6% -2.2ポイント
売上高総利益率

(=売上総利益÷売上高)

30.3% 28.3% -2.0ポイント
総資本回転率

(=売上高÷総資本)

1.6回転 1.5回転 -0.1回転
固定資産回転率

(=売上高÷固定資産)

4.4回転 3.8回転 -0.6回転
営業外収支

(=営業外収益-営業外費用)

-70百万円 -70百万円 ±0
←前の問題
次の問題→