公認会計士試験/平成30年第II回短答式/管理会計論/問題9

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
←前の問題
次の問題→

問題[編集]

 管理会計の基礎知識に関する次の記述のうち,正しいものの組合せとして最も適切な番号を一つ選びなさい。(5 点)

ア.管理会計においては,外部報告ではなく内部管理を目的とし,有用性の観点が重視されるため,財務会計的な解釈や技法が適用されることは認められない。

イ.財務諸表分析は,数値や比率の「比較」によって行われるが,財務諸表の実際の数値を使って分析する手法を外部分析といい,財務諸表上のある項目と他の項目との比率を求め,それを使って分析する手法を比率分析という。

ウ.バランスト・スコアカードは,非財務情報が将来的な財務成果に結び付くという因果関係が識別可能であるので,それはマネジメント・コントロールの技法の一つである。

エ.ロワー・レベルの管理者だけでなく,現場の従業員が利益責任を負うことがあるが,これは管理会計の範囲内の考え方である。

1.アイ
2.アウ
3.アエ
4.イウ
5.イエ
6.ウエ

正解[編集]

6

解説[編集]

ア.管理会計においては,外部報告ではなく内部管理を目的とし,有用性の観点が重視されるため,財務会計的な解釈や技法が適用されることは認められないも認められる

イ.財務諸表分析は,数値や比率の「比較」によって行われるが,財務諸表の実際の数値を使って分析する手法を外部分析実数分析といい,財務諸表上のある項目と他の項目との比率を求め,それを使って分析する手法を比率分析という。

←前の問題
次の問題→