公認会計士試験/平成30年第II回短答式/管理会計論/問題12

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
←前の問題
次の問題→

問題[編集]

 S社の製品Xおよび製品Yに関する前月の予算・実績は次の〔資料〕のとおりであった。 次の〔資料〕に基づき,セールズ・ミックス差異の正しい金額として最も適切なものの番号 を一つ選びなさい。(7点)

資料

(計算条件)

販売価格 販売数量 単位当たり変動費
製品 製品X 製品Y 製品X 製品Y 製品X 製品Y
予算 160円 200円 2,800個 2,000個 80円 130円
実績 180円 220円 2,360個 2,200個 90円 110円

 セールズ・ミックス差異は,セールズ・ミックスの変化による平均貢献利益率の変動を 計算し,その数値を基礎に差異を計算する方法もあるが,S社ではこの方法を採用してお らず,単位当たり貢献利益を基礎として計算している。

1. 2,600円(不利差異)
2. 2,800円(不利差異)
3. 3,000円(不利差異)
4. 3,400円(不利差異)
5. 3,600円(不利差異)

正解[編集]

3

解説[編集]

貢献利益
製品X 製品Y
販売価格 160円 200円
変動費 80円 130円
貢献利益 80円 70円
差異分析
セールズ・ミックス差異

製品X:△24,000円

製品Y:21,000円

計:△3,000円

総販売数量差異

製品X:△11,200円

製品Y:△7,000円

計:△18,200円

実際

製品X 2,360個

製品Y 2,200個

合計 4,560個

予算ミックス

製品X 2,660個

製品Y 1,900個

合計 4,560個

予算総販売量

製品X 2,800個

製品Y 2,000個

合計 4,800個


←前の問題
次の問題→