コンテンツにスキップ

公認会計士試験/平成30年第II回短答式/財務会計論/問題2

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
←前の問題
次の問題→

問題[編集]

 当社は, 5 伝票制を採用しており,商品売買取引は全ていったん掛け取引として処理している。次の〔資料〕に基づき,①および②に当てはまる勘定科目の組合せとして最も適切なものの番号を一つ選びなさい。(8点)

資料

1.X年5 月1 日から7 日までの全ての取引
(1) A商店に商品8,740 千円を注文していたが,同店が取り組んだ荷為替7,000 千円を取引銀行から呈示されたので,これを引き受け,船荷証券を受け取った。
(2) B商店から商品3,220 千円を仕入れ,代金は得意先のC商店を名宛て人とする為替手形を振り出し,同店の引き受けを得て,B商店に引き渡した。
(3) A商店から受け取った⑴の船荷証券と引き換えに,商品を引き取った。なお,商品引き取りに伴う諸費用300 千円は,現金で支払った。
2.X年5 月1 日から7 日までに起票された伝票(略式,単位:千円)
以下の(1)〜(3)は上記1.の各取引に対応している。

(1)

振替伝票(借方)

(   )7,000

振替伝票(貸方)

支払手形 7,000

振替伝票(借方)

(   )1,740

振替伝票(貸方)

(   )1,740

(2)

仕入伝票

B商店 3,220

振替伝票(借方)

( ① )3,220

振替伝票(貸方)

(   )3,220

(3)

仕入伝票

A商店 (   )

振替伝票(借方)

(   )(   )

振替伝票(借方)

( ② )(   )

出金伝票

仕入 300

1. 売掛金 未着商品
2. 売掛金 積送品
3. 買掛金 未着商品
4. 買掛金 積送品
5. 支払手形 未着商品
6. 支払手形 積送品

正解[編集]

3

解説[編集]

(1)振替伝票
(借) 未着商品 7,000 (貸) 支払手形 7,000
(借) 未着商品 1,740 (貸) 買掛金 1,740
(2)仕入伝票
(借) 仕入 3,220 (貸) 買掛金(B商店) 3,220
(2)振替伝票
(借) 買掛金 3,220 (貸) 売掛金 3,220
(3)仕入伝票
(借) 仕入 8,740 (貸) 買掛金(A商店) 8,740
(3)振替伝票
(借) 買掛金 8,740 (貸) 未着商品 8,740
(3)出金伝票
(借) 仕入 300 (貸) 現金 300
←前の問題
次の問題→