利用者:Mzm5zbC3/Windows APIプログラミング/付録/uType (MessageBox)

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

情報技術 > Windows APIプログラミング > 付録 > uType (MessageBox)


MessageBox 関数の uType には以下のフラグの組み合わせが指定できます。

ボタンの種類[編集]

フラグ 意味
MB_ABORTRETRYIGNORE メッセージボックスに[中止]、[再試行]、[無視]の各プッシュボタンを表示します。
MB_CANCELTRYCONTINUE Windows 2000:メッセージボックスに[キャンセル]、[再実行]、[続行]の各プッシュボタンを表示します。MB_ABORTRETRYIGNORE の代わりに、このメッセージボックスタイプを使ってください。
MB_HELP Windows 95/98、Windows NT 4.0 以降:メッセージボックスに[ヘルプ]ボタンを追加します。ユーザーが[ヘルプ]ボタンをクリックするか F1 キーを押すと、システムはオーナーへ メッセージを送信します。
MB_OK メッセージボックスに[OK]プッシュボタンだけを表示します。これは既定のメッセージボックスタイプです。
MB_OKCANCEL メッセージボックスに[OK]、[キャンセル]の各プッシュボタンを表示します。
MB_RETRYCANCEL メッセージボックスに[再試行]、[キャンセル]の各プッシュボタンを表示します。
MB_YESNO メッセージボックスに[はい]、[いいえ]の各プッシュボタンを表示します。
MB_YESNOCANCEL メッセージボックスに[はい]、[いいえ]、[キャンセル]の各プッシュボタンを表示します。

アイコンの種類[編集]

フラグ 意味
MB_ICONEXCLAMATION,
MB_ICONWARNING
感嘆符(!)アイコンを表示します。
MB_ICONINFORMATION, MB_ICONASTERISK 丸の中に小文字の「i」が描かれたアイコンを表示します。
MB_ICONQUESTION 疑問符(?)アイコンを表示します。
MB_ICONSTOP,
MB_ICONERROR,
MB_ICONHAND
停止マークアイコンを表示します。

プッシュボタンの種類[編集]

フラグ 意味
MB_DEFBUTTON1 最初のボタンを既定のプッシュボタンにします。
MB_DEFBUTTON2、MB_DEFBUTTON3、MB_DEFBUTTON4 のいずれかが指定されていない限り、MB_DEFBUTTON1 が既定になります。
MB_DEFBUTTON2 2 番目のボタンを既定のプッシュボタンにします。
MB_DEFBUTTON3 3 番目のボタンを既定のプッシュボタンにします。
MB_DEFBUTTON4 4 番目のボタンを既定のプッシュボタンにします。

モーダル状態[編集]

フラグ 意味
MB_APPLMODAL ユーザーは、メッセージボックスに応答しなければ、hWnd パラメータで指定されたウィンドウで作業を継続できません。他のスレッドのウィンドウへ移動して作業することはできます。
アプリケーション内のウィンドウの階層にもよりますが、ユーザーは、同じスレッド内の他のウィンドウへ移動できることがあります。このメッセージボックスの親ウィンドウに対するすべての子ウィンドウ( メッセージボックスの「兄弟」ウィンドウ)は、自動的に無効になりますが、ポップアップウィンドウはこの限りではありません。
MB_APPLMODAL は、MB_SYSTEMMODAL と MB_TASKMODAL のどちらも指定されていない場合の既定値です。
MB_SYSTEMMODAL メッセージボックスが WS_EX_TOPMOST スタイルを備えている以外は、MB_APPLMODAL と同じです。ユーザーがすぐに対処する必要がある重大なエラー( たとえばメモリの不足)を通知するために、システムモーダルのメッセージボックスを使います。ユーザーは、hWnd に関連付けられていないウィンドウを通常の方法で操作できます。
MB_TASKMODAL hWnd パラメータが NULL の場合、現在のスレッドに所属するすべてのトップレベルウィンドウが無効になること以外は、MB_APPLMODAL と同じです。呼び出し側のアプリケーションまたはライブラリが有効なウィンドウハンドルを持っておらず、かつ他のスレッドを中断せずに現在のスレッドの他のウィンドウへの入力を禁止したいときにこのフラグを使います。