危険物取扱者試験/危険物に関する法令

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法体系[編集]

  • 消防法
  • 危険物の規制に関する政令
  • 危険物の規制に関する規則
  • 危険物の規制に関する技術上の基準の細目を定める告示
  • 市町村条例

危険物の定義[編集]

Wikipedia
ウィキペディア危険物の記事があります。

消防法別表第1より

  • 第一類 酸化性固体

一 塩素酸塩類 二 過塩素酸塩類 三 無機過酸化物 四 亜塩素酸塩類 五 臭素酸塩類 六 硝酸塩類 七 よう素酸塩類 八 過マンガン酸塩類 九 重クロム酸塩類 十 その他のもので政令で定めるもの 十一 前各号に掲げるもののいずれかを含有するもの

  • 第二類 可燃性固体

一 硫化りん 二 赤りん 三 硫黄 四 鉄粉 五 金属粉 六 マグネシウム 七 その他のもので政令で定めるもの 八 前各号に掲げるもののいずれかを含有するもの 九 引火性固体

  • 第三類 自然発火性物質及び禁水性物質

一 カリウム 二 ナトリウム 三 アルキルアルミニウム 四 アルキルリチウム 五 黄りん 六 アルカリ金属(カリウム及びナトリウムを除く。)及びアルカリ土類金属 七 有機金属化合物(アルキルアルミニウム及びアルキルリチウムを除く。) 八 金属の水素化物 九 金属のりん化物 十 カルシウム又はアルミニウムの炭化物 十一 その他のもので政令で定めるもの 十二 前各号に掲げるもののいずれかを含有するもの

  • 第四類 引火性液体

一 特殊引火物 二 第一石油類 三 アルコール類 四 第二石油類 五 第三石油類 六 第四石油類 七 動植物油類

  • 第五類 自己反応性物質

一 有機過酸化物 二 硝酸エステル類 三 ニトロ化合物 四 ニトロソ化合物 五 アゾ化合物 六 ジアゾ化合物 七 ヒドラジンの誘導体 八 ヒドロキシルアミン 九 ヒドロキシルアミン塩類 十 その他のもので政令で定めるもの 十一 前各号に掲げるもののいずれかを含有するもの

  • 第六類 酸化性液体

一 過塩素酸 二 過酸化水素 三 硝酸 四 その他のもので政令で定めるもの 五 前各号に掲げるもののいずれかを含有するもの

危険物取扱者について[編集]

Wikipedia
ウィキペディア危険物取扱者の記事があります。

消防法第13条の2より

免状の区分
免状の種類 取扱作業 立会い
甲種 全類 全類
乙種 合格した類 合格した類
丙種 指定された危険物 ×

製造所等の位置・構造・設備の基準[編集]

製造所等とは

  • 製造所
  • 貯蔵所
    • 屋内貯蔵所
    • 屋外タンク貯蔵所
    • 屋内タンク貯蔵所
    • 地下タンク貯蔵所
    • 簡易タンク貯蔵所
    • 移動タンク貯蔵所
    • 屋外貯蔵所
  • 取扱所
    • 給油取扱所
    • 販売取扱所
    • 移送取扱所
    • 一般取扱所

危険物の貯蔵・取扱・運搬・移送の基準[編集]

政令第24条より

  • 許可・届出された数量(もしくは指定数量の倍数)を超える危険物および許可・届出された品名以外の危険物を貯蔵・取扱わないこと。

消防法第16条の2

  • 移動タンク貯蔵所による危険物の移送は、当該危険物を取扱うことができる危険物取扱者が乗車し、免状を携帯すること。

違反に対する措置と罰則[編集]

市町村長等は

  • 措置命令
    • 危険物の貯蔵・取扱基準の遵守命令
    • 事故発生時の応急措置命令
  • 使用停止命令
    • 危険物の貯蔵・取扱基準の遵守命令に違反したとき
  • 設置許可の取消し、または使用停止命令
    • 製造所等の位置・構造・設備を無許可変更したとき

を出すことができる

このページ「危険物取扱者試験/危険物に関する法令」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。