古代文明

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア文明の記事があります。


古代文明における経済史[編集]

古代文明における経済史とは、交換経済を主体とする貨幣経済の進化である。紀元前8000年には、既に小麦の栽培がイランのザクロス山脈で始まっていたのだから、交換経済の歴史は、それよりもさらに遡るであろう。青銅器文明に入ると、交易による戦争も起きるようになる。

エジプト文明[編集]

牧畜(古代)、それに、農耕(古代)による交換経済は、紀元前6000年~紀元前5000年頃には、既に定着していた。そして灌漑農業が創始したときには、ファラオによる公共事業が行われた。また、周辺文明であるメソポタミアそれにヒクソスとの対立は、交易の範囲が拡大していたことを示しているのだ。

メソポタミア文明[編集]

メソポタミア文明は、ペロポネソス半島のギリシア系住民やエジプト文明との交流があった。また、リディアでは世界最初の鋳造貨幣が造幣されている。

~インダス文明~ インダス文明では、治水工事による経済の拡大が見られ、東アジア地域との交流があった。また、西方から伝播した農耕は、紀元前4000年~紀元前3000年頃には行われていた。

黄河・長江文明[編集]

黄河流域では、古くから交易があり、貨幣の鋳造も古く、(周)の時代には多様な貨幣が鋳造されていた。そして、(准河)や(長江)流域では、紀元前3000年の段階で農耕が行われていた。

その他の文明[編集]

スキタイ文明では、装飾品や軍制などにみられる様に高度な経済があった。