経済史

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
経済学 > 経済史

経済史(けいざいし,Economic history)とは、歴史学としての一分野であり、経済的なコンテンツに対象を絞っている。歴史学からの派生としては、古代ギリシアのヘロドトス(紀元前485年~紀元後420年頃)が、「エジプトはナイルの賜物」と、言った様に古代から経済史は研究の対象であった。直接の起源としては、ランケ(1795年12月21日~1886年5月23日)の実証主義的な記述を挙げることができる。近年では、経済学や統計学の手法を生かした数量経済史 (Cliometrics) や社会経済史など、学際交流という点で大きな発展を見たと言える。

Wikipedia
ウィキペディア経済史の記事があります。

経済史の教科書[編集]

このページ「経済史」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。