古典ラテン語/参考文献

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

辞典[編集]

Oxford Latin Dictionary (1983,2012)[編集]

Wikipedia
ウィキペディアOxford Latin Dictionaryの記事があります。




Author (Editor) ISBN-13 ISBN-10
2nd edition (2012) Oxford Dictionaries 978-0-19-958031-6 0-19-958031-6 40,000 headwords and 100,000 senses
1st edition (1983) P. G. W. Glare 978-0-19-864224-4 0-19-864224-5 single volume, approximately 40,000 words

Lewis and Short (1879)[編集]

Wikipedia
ウィキペディアA Latin Dictionaryの記事があります。
Wikisource
ウィキソースA Latin Dictionaryがあります。
  • A Latin Dictionary :
Founded on Andrews' Edition of Freund's Latin Dictionary:
Revised, Enlarged, and in great part rewritten by
Charlton T. Lewis, Ph.D.  and  Charles Short, LL.D.
Oxford at The Clarendon Press 1879
ISBN978-0-19-864201-5 (Oxford Univ Press; Revised Edition, 1956)
Charlton T. Lewis, Charles Short, A Latin Dictionary (Perseus Digital Library)



文法書[編集]

Sloman (1906)[編集]

  • A Grammar of Classical Latin ─ for use in schools and colleges ─,
by Arthur Sloman (1851-1919)[1], 1906, Cambridge University Press
First published 1906 [2],    First paperback edition 2016 [3]
ISBN 978-1-316-61992-6

Barron's Latin Grammar (2011)[編集]

  • Latin Grammar (Barron's Grammar / Barron's Foreign Language Guides)[4]
Edited by Raffaela Maidhoff  (2009),
First published by Barron's Educational Series, Inc. in 2011,
ISBN978-0-7641-4721-0
※2009年にドイツ語で編まれた文法書が英訳され、2011年にバロンズ(Barron's)シリーズの一冊として刊行された。
日本の洋書店でも売られている普及型の文法リファレンスで、文法事項がコンパクトにまとまっている。

新ラテン文法 (1992)[編集]

  • 『新ラテン文法』 松平千秋国原吉之助、東洋出版、1992年、ISBN4-8096-4301-8
    1968年4月に南江堂から初版、1969年4月に同じく改訂版が刊行された『新ラテン文法』が、1992年9月に東洋出版から再刊されたもの。

脚注[編集]

  1. ^ Sloman, A. 1851-1919 (Arthur) [WorldCat Identities]
  2. ^ A grammar of classical Latin; for use in schools and colleges. (書籍, 1906) [WorldCat.org ]
  3. ^ A grammar of classical Latin for use in schools and colleges (書籍, 2016) [WorldCat.org ]
  4. ^ Latin grammar, 2011 (WorldCat.org)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]