名誉毀損と表現の自由

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

名誉毀損と表現の自由[編集]

総論・合憲性[編集]

名誉(人格的利益)と表現の自由という憲法的価値(人権)が対立する場合、いずれの保護が優先されるか、またその判断基準は何かが問題になる。

以下では、刑法学における議論を紹介する。

真実性の証明[編集]

  • 挙証責任の転換
  • 法的性格
    • 処罰阻却事由説
    • 違法阻却事由説
    • 構成要件該当性阻却説
    • 過失犯処罰規定説

真実性の誤信[編集]

  • 判例
    • 初期の判例
    • 最大判昭和44・6・25刑集23・7・975
  • 学説
    • 錯誤論的アプローチ
      • 違法阻却事由説+厳格責任説
      • 「証明可能な程度の真実」
    • 違法論的アプローチ
      • 二分説+刑法35条
    • 過失論的アプローチ
      • 過失犯処罰規定説
このページ「名誉毀損と表現の自由」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。