国土調査法第24条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

条文[編集]

(立入り)

第24条
  1. 国土調査を実施する者は、当該国土調査を実施するために必要がある場合においては、当該国土調査に従事する者を他人の土地に立ち入らせることができる。
  2. 前項の規定により宅地又はさくその他これらに類するもので囲まれた土地に立ち入らせる場合においては、国土調査を実施する者は、あらかじめ、当該土地の占有者に通知しなければならない。ただし、占有者に対して、あらかじめ通知することが困難である場合においては、この限りでない。
  3. 第一項の場合においては、国土調査に従事する者は、その旨及びその者の身分を示す証明書を携帯し、関係人の請求があつたときは、これを提示しなければならない。

解説[編集]

参照条文[編集]


前条:
国土調査法第23条の3
(国土交通大臣、土地改良区等を所管する大臣又は事業所管大臣の助言)
国土調査法
第5章 雑則
次条:
国土調査法第25条
(立会又は出頭)