国家的法益に対する罪

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学刑事法刑法刑法各論国家的法益に対する罪

ここでは、刑法の国家的法益に対する罪に分類される犯罪について解説する。

国家の存立に対する罪[編集]

内乱罪[編集]

内乱罪

外患罪[編集]

外患罪

破壊活動防止法[編集]

破壊活動防止法

国家の作用に対する罪[編集]

公務執行妨害罪[編集]

公務執行妨害罪

逃走罪[編集]

逃走罪

犯人蔵匿罪[編集]

犯人蔵匿罪

証拠隠滅罪[編集]

証拠隠滅罪

偽証罪[編集]

偽証罪

虚偽告訴罪(誣告罪)[編集]

虚偽告訴罪

汚職の罪[編集]

公務員職権濫用罪[編集]

公務員職権濫用罪

特別公務員暴行陵虐罪[編集]

特別公務員暴行陵虐罪

賄賂罪[編集]

賄賂罪

みなし公務員規定[編集]

外国又は国交機能に対する罪[編集]

外国国章損壊罪[編集]

外国国章損壊罪

私戦予備・陰謀罪[編集]

私戦予備・陰謀罪

中立命令背違罪[編集]

中立命令背違罪

このページ「国家的法益に対する罪」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。