土地区画整理法第107条

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学コンメンタール土地区画整理法コンメンタール土地区画整理登記令コンメンタール土地区画整理登記規則 土地区画整理法第107条()(

条文[編集]

(換地処分に伴う登記等)

第107条
  1. 施行者は、第103条第4項の公告があつた場合においては、直ちに、その旨を換地計画に係る区域を管轄する登記所に通知しなければならない。
  2. 施行者は、第103条第4項の公告があつた場合において、施行地区内の土地及び建物について土地区画整理事業の施行に因り変動があつたときは、政令で定めるところにより、遅滞なく、その変動に係る登記を申請し、又は嘱託しなければならない。
  3. 第103条第4項の公告があつた日後においては、施行地区内の土地及び建物に関しては、前項に規定する登記がされるまでは、他の登記をすることができない。但し、登記の申請人が確定日付のある書類によりその公告前に登記原因が生じたことを証明した場合においては、この限りでない。
  4. 施行地区内の土地及びその土地に存する建物の登記については、政令で、不動産登記法 (平成十六年法律第百二十三号)の特例を定めることができる。

解説[編集]

参照条文[編集]

このページ「土地区画整理法第107条」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。