土星

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

天文学 > 太陽系 > 土星

Wikipedia
ウィキペディア土星の記事があります。
ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した土星。

土星は太陽系にある惑星で第6惑星である。

概要[編集]

土星は木星と同じ木星型惑星(ガス惑星)で、太陽系内では太陽を除いて2番目に大きい。密度は0.7g/cm3程度しかなく、水に浮く惑星と表現されることもある。

半径は地球の約9.4倍、質量は地球の約95倍。

その他データ

  • 自転周期...10時間14分(赤道付近)
  • 公転周期...29.5年

大気の成分

  • 水素...93%
  • ヘリウム...5%
  • メタン...0.2%
  • 水(水蒸気)...0.1%

構造[編集]

土星は密度が太陽系内の惑星で最も小さい。木星と同じくガス惑星であり、風により縞模様が見られる。特に南側ではドラゴンストームと呼ばれる嵐が見られる。

[編集]

土星の環は日によって見え方が変わる。

土星には環があり太陽系内ではいちばんはっきりと見える。土星の環にはA~G環までがあり土星側からD、E、B、A、F、G、Eの順である。また、AとBの間にはカッシーニの間隙と言われる隙間があり、AとFの間にはロシュの間隙と言われる隙間がある。環の粒子の主成分は水の氷であり、その大きさなどは環ごとで異なっている。

土星の環の形成はまだ明瞭ではないが、彗星や小惑星の潮汐力による破壊であるという仮説がある。

また、土星の環は非常に薄く、日によって角度が変わって見えるため環が見にくくなることがある。

土星探査[編集]

土星探査は土星が地球の約9から10倍ほどの場所を公転しているため最初に到達したのは1979年のパイオニア11号である。

その後、ボイジャー1号が土星の衛星タイタンにある大気を発見した。

現在もカッシーニが2004年から打ち上げられており、土星やその衛星の数々の写真を撮影している。