地方自治法第252条の19

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法学行政法コンメンタールコンメンタール地方自治法

条文[編集]

w:指定都市の権能)

第252条の19
  1. 政令で指定する人口五十万以上の市(以下「指定都市」という。)は、次に掲げる事務のうち都道府県が法律又はこれに基づく政令の定めるところにより処理することとされているものの全部又は一部で政令で定めるものを、政令で定めるところにより、処理することができる。
    w:児童福祉に関する事務
    w:民生委員に関する事務
    三 身体障害者の福祉に関する事務
    w:生活保護に関する事務
    五 行旅病人及び行旅死亡人の取扱に関する事務
    五の二 社会福祉事業に関する事務
    五の三 知的障害者の福祉に関する事務
    六 母子家庭及び寡婦の福祉に関する事務
    六の二 老人福祉に関する事務
    七 母子保健に関する事務
    八 障害者の自立支援に関する事務
    九 食品衛生に関する事務
    十 墓地、埋葬等の規制に関する事務
    十一 興行場、旅館及び公衆浴場の営業の規制に関する事務
    十一の二 精神保健及び精神障害者の福祉に関する事務
    十二 結核の予防に関する事務
    十三 都市計画に関する事務
    十四 w:土地区画整理事業に関する事務
    十五 屋外広告物の規制に関する事務
  2. 指定都市がその事務を処理するに当たつて、法律又はこれに基づく政令の定めるところにより都道府県知事若しくは都道府県の委員会の許可、認可、承認その他これらに類する処分を要し、又はその事務の処理について都道府県知事若しくは都道府県の委員会の改善、停止、制限、禁止その他これらに類する指示その他の命令を受けるものとされている事項で政令で定めるものについては、政令の定めるところにより、これらの許可、認可等の処分を要せず、若しくはこれらの指示その他の命令に関する法令の規定を適用せず、又は都道府県知事若しくは都道府県の委員会の許可、認可等の処分若しくは指示その他の命令に代えて、各大臣の許可、認可等の処分を要するものとし、若しくは各大臣の指示その他の命令を受けるものとする。

解説[編集]

関連条文[編集]

判例[編集]


前条:
地方自治法第252条の18の2
(在職期間の通算)
地方自治法
第2編 普通地方公共団体
第12章 大都市等に関する特例
第1節 大都市に関する特例
次条:
地方自治法第252条の20
(区の設置)
このページ「地方自治法第252条の19」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。