大阪府立大対策

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア大阪府立大学の記事があります。

本項は、大阪府立大学の入学試験対策に関する事項である。

大阪府立大学は大阪府堺市に本部を置く公立大学で略称は府大。また大阪府大、阪府大など。同じ大阪府の公立大学である大阪市立大学が文系分野で有名なのに対して、府大は理系分野の研究に重点が置かれている。

入試問題としてはおおむね標準レベルの良問ぞろいだが、数学(理系)ではやや難~難レベルの問題も見受けられる。しかし、そのような難問は皆解けず合否にあまり関係ないため、満点は狙わず得点できる問題で得点することが重要である。またセンター試験の得点も重視されており、最低でも75%は得点しておきたい。

連絡事項(令和4年度以降の受験者対象)[編集]

学部学科での募集令和4年度~(予定)
平成31年度4月1日に公立大学法人・大阪が発足。この関係で令和4年度より、公立大学法人・大阪府立大学と公立大学法人・大阪市立大学が統合して「大阪公立大学」に名称が変更されることとなる。この統合に伴い、令和4年度入試から大阪公立大学として一括募集となり、学域による募集は廃止、そして再び学部学科による募集となる予定。実施されれば平成23年度以来、10年ぶりに学部学科での募集が復活することとなる。

前期日程・後期日程[編集]

特筆が無い限り、前期日程と後期日程について述べる。前期日程と後期日程で個別学力検査が実施される学域は以下である(~令和3年度※予定)。
前期日程(2月25日)/後期日程(3月12日)
・現代システム科学域
・地域保健科学域
・生命環境科学域

(共通テスト)[編集]

2020年1月実施をもって大学入試センター試験は廃止となり、代わって2021年度1月より新たに大学入学共通テストが実施される。2021年度以降の受験者は大学入学共通テストの情報を参照して頂きたい。

(個別学力検査)[編集]

英語
前期においては長文総合読解問題1題、和文英訳1題が出題され、さらに理学部、経済学部、人間社会学部ではさらにもう1題長文総合読解問題が出題される。記号や記述がメインで、英文自体は平坦で標準的な問題が多い。

数学(理系)
受験する学域によって異なるが、全体的に難問と標準問題が混在しており、難易度は高いといえるだろう。難問は皆解けないので、標準問題を取りこぼしなく解答することが重要である。

理科
前期日程
・物理
基本は標準的な問題で構成されるものの、難問も散見される。常日頃から減点のされにくい答案作成を心掛けることが重要である。

・化学
標準的な問題が多い。よって基礎がきちんとできている人には高得点が狙える。そのため、ここの問題で大きく失敗するとなかなか挽回できず、致命傷となってしまう。

・生物
全体的に標準レベルだが、空所補充が多く、意外に時間がかかる。時間配分の設定が重要である。

中期日程(工学域のみ)[編集]

試験は、3月8日の1日完結で行われる。令和2年度現在、本学(中百舌鳥キャンパス)に加えて名古屋においても受験会場が設置されている。以下は、工学域に特化した内容とする。試験は、理科(2科目)→数学→英語の順で行われる。

(入試情報)[編集]

傾斜配点は従来どおり、共通テスト:個別学力検査が450:600であり、個別学力検査の成績が重視されている。ただ、個別学力検査の成績重視だからといって共通テスト対策に手を抜くのは非常に危険である。本大学は、志望学類を問わず工学域全体の募集人員に対しての志願者の倍率が12倍を超えた場合、共通テストの点数によって二段階選抜の第一段階(足切り)が行われるからである(第一段階で不合格になると、個別学力検査は受験できない)。

そのため、受験資格は必ず確保すること、共通テストの不出来が懸念材料にならないように万全な対策をすることが好ましい。目標としたい得点率に関しては、志望する学類にもよるが、最低でも(傾斜配点で)80%付近は取っておきたい。しかし、共通テストの得点を意識するあまり、2次試験対策を疎かにするのはやはり良くない。例えば、共通テストで高得点を取っても比率が圧縮されるため、2次試験がほとんど出来なければ、不合格になっても何らおかしくない。

勉強方法として、マーク模試で80%付近がコンスタントに取れるようになれば、個別学力検査に重点を置くのが好ましい。特に、1次と2次で共通で課される英語・数学・物理・化学に重点を置いてやることで能率良い学習ができると言える。大切なのは、苦手科目を極力少なくして共通テスト,個別学力検査共にバランス良く得点をすることである。

(共通テスト)[編集]

社会(地歴A/B・公民より1科目)は、2科目を受験した場合は第1解答科目を受験科目として得点に加算される。例えば、第1解答科目が地理Bで80点、第2解答科目が現代社会で90点となった場合、地理B(80点)が得点に加算される。即ち、2科目受けて高得点の方を得点として加算することはできない。

理科(物理/化学/生物より2科目,理科基礎は不可)は2科目必須であり、前記の3科目のうち、2科目を受けていさえすれば解答順序は問われず、どちらを先に解答しても何ら支障はない。

(個別学力検査)[編集]

全体概要
全科目を通じて、難問奇問は出ず、基本は標準的な問題で構成されている。オーソドックスに勉強を続けてきた受験生にはきちんと得点できるように配慮して作られた良問ぞろいである。また、問題の難度と設問の分量に対して、与えられる時間は若干厳しいというところである。じっくり考えて解くよりは判る問題そして時間をそれほど必要としない問題はとにかく早く埋めていき、時間がかかりそうな問題そして判りにくい問題にかけられる時間を出来るだけ多くすることがカギと言える。

英語
外国語は英語のみ受験可(他の外国語は、選択不可)。試験時間60分で、長文1題(大問1)と英作文1題(大問2)である。試験時間、そして理系受験生であることを踏まえても、やや難のレベルである。長文(大問1)は設問は標準的だが、英文が高度な内容であり、専門知識等のバックグランドが無いとなかなか理解は難しいかもしれない。単純計算で試験時間は1問あたり30分与えられるが、英文の難度と設問の分量を踏まえれば、決して余裕のある時間ではない。ただ、時間が少ないからと言っていい加減に読むのは良くない。英文を一言一句ご丁寧に読むのではなく、要点を拾っていく、等でてきぱきと効率よく読むことが大事である。英作文(大問2)は和文英訳がメインとして出題されている。傾向として、英訳する和文は英語ではなかなか対応する表現方法がないものが主で、比較的難しい設問である。

数学
4題あるいは5題の出題で構成される(ここ10年は、5題で構成)。試験時間は120分である。そして、1題の中にそれぞれ小問が3~5問ある。難易度としては、標準が主体で、標準~やや難である。難問が出ないことは確証できないが、出ることは少ないと考えて良い。

国公立大学の入試問題としては個性的で、解答用紙に結果のみを記入しさえすればよい問題がある(問題に「計算の過程を記入しなくてよい」と記され、答案用紙も結果だけを書く形式となっている)。言い換えれば、この設問は部分点は与えられない、と言うことである。作成者の意図としては、中期日程であるために志願者が多いため、採点の負担を減らすためと考える。問題でも証明問題や結論よりもアプローチの仕方に重点を置いて問う問題となれば、論述や計算の過程の記入も必要となる。

理科(物理・化学)
物理と化学の2科目が必須受験である。試験時間は二科目(物理・化学)でまとめて120分である。一科目ごとの時間配分は厳密に設けられておらず、一科目終了後の答案回収は行わない(試験終了後に二科目まとめて提出)。試験時間は平均して60分/科目(物理は30分/題,化学は12分/題)であるが、出題される分量に対して決して余裕のある時間ではない。効率よく解答することが求められると言えるので、時間配分をしっかり把握して本番に臨むことが好ましい。

・物理
1990年代から20年以上にわたって2題の出題で堅持されている。そして、1題の中にそれぞれ小問がいくつかある。解答形式は、計算の過程と結果を記入するのが典型である。出題する分野は、主に力学・電磁気である。これらは、ほぼ必出と考えてよい。ただ、最近は電磁気と波、波と熱力学、等の融合問題や原子物理の出題がしばしば見受けられる。対策としてそれぞれの単元(力学・電磁気等)における基本原理をしっかり押さえ、苦手分野を作らないことである。傾向は基本から掘り下げて応用まで、と言う流れで出題され、後半になると、グラフを書く、あるいはグラフを選ぶ問題も出題されている。難易度は典型的な標準問題が主体であり、年によっては少し発展的な問題(やや難)、さらには稀であるが難問も目についており、標準~やや難と考えてよい。

・化学
1990年代から20年以上にわたって5題の出題で堅持されている。内訳は主に第1問と第2問が理論、第3問が無機、第4問と第5問が有機(天然有機物と高分子化合物を含む)の構成となっている。高校化学(化学基礎/化学)の教科書で扱う内容が全て網羅される形で出題されており、難問奇問は無く難易度は標準である。比較的得点しやすいが、丸暗記一辺倒だけでは通用しない。また、苦手分野や知識が浅薄等の穴があると致命傷になりかねない。

出願について[編集]

~令和3年度(予定)
令和3年度までは、三学類(電気電子系学類・物質化学系学類・機械系学類)での募集とする。出願表には、志望する学類を第二志望まで書くことが出来る(第一志望:電気電子系学類、第二志望:物質化学系学類など)。これにより、第一志望の学類で合格点に達していなくても、第二志望の学類で合格点に達していれば、第二志望の学類に合格できることが有る。また、試験当日に外国語の終了の後に第三志望の学類を書く紙を渡される。

学部学科での募集令和4年度~(予定)
上記の連絡事項の事情により、令和4年度からは再び、工学部としての募集されることとなる。中期日程での募集は引き続き行われるが、加えて前期日程での募集も行われる予定である。

このページ「大阪府立大対策」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。