天王星

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

天文学 > 太陽系 > 天王星

Wikipedia
ウィキペディア天王星の記事があります。
天王星

天王星は太陽系の第7惑星である。

概要[編集]

天王星は木星型惑星(ガス惑星)に分類され、更に細かい分類では天王星型惑星に分類される。太陽を除いて太陽系で3番目に大きい。

半径は地球の約4倍。質量は地球の約14.5倍。

赤道傾斜角が約98°のため環は横倒しされたように見える。

自転周期は約17時間、公転周期は約84年である。このため極では公転周期の半分、42年間昼か夜が続いた状態になっている。42年間も昼や夜が続いているが熱は対流により天王星全体に行き渡っているので天王星の表面の温度はほぼ同じである。

大気と構造[編集]

大気[編集]

ガス惑星であるため、大気は主に水素とヘリウムから成る。また、メタンが2%ほど含まれているため天王星は青く見える。 大気の成分

  • 水素...83%
  • ヘリウム...15%
  • メタン...2%

構造[編集]

天王星は中心から核、マントル、大気の順の構造である。マントルには水やアンモニア、メタンなどの氷が含まれていると考えられている。また、核の部分には地球と同じく鉄やニッケルが含まれている。

天王星には現在、衛星が27個、環が13個発見されている。天王星の主な衛星にはアリエル、ウンブリエル、チタニア、オベロン、ミランダの5つがあり、ミランダ以外はどれも直径が1000kmを超える。

天王星探査[編集]

天王星は土星より更に遠いので探査も土星より遅く1986年のボイジャー2号によるフライバイが初の探査である。

天王星への探査計画は考案されているものの遠いため計画は難航している。