学習方法/小学校社会

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
このページ「学習方法/小学校社会」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。
※注意 編集者の主観的な勉強法も、本ページには書かれているだろうと思われるので、このページは、せいぜい参考程度にして、このページをあまり信用しすぎないようにして頂きたい。

また、各教科・各科目の個別の勉強法については、市販の参考書を何冊か見れば、ふつうは、その参考書の前書きのページあたりに、その参考書をつかった勉強法的なことが書かれてるだろうから、そういうのを参考にしたほうが安全だろう。

マスメディアと社会科学習[編集]

小学生が、最近の社会問題などの出来事について学ぶには、とりあえずは中学受験用の時事問題(じじ もんだい)の解説集が市販(しはん)されているので、それを使って学ぶのが良いでしょう。いきなり新聞やニュースを見くらべたり読みくらべたり、あるいは裏づけ(うらづけ)を取るのは、時間的にも金銭(きんせん)的にも大変でしょう。

新聞・ニュースを読むときの注意[編集]

よくある勉強法として、「新聞を読め」とか「ニュース番組を見ろ」という勉強法を掲げる人もいます。しかし、これまでニュースや新聞にあまりふれていないのに、いきなりこれらに手を出してもあまり効果はないでしょう。

理由1: その理由は新聞もテレビ番組(これらをマスメディアといいます)も、そもそも小学生の勉強用には作られていないからです。
それに記事や報道が正確とは限りません。記事が誤報(ごほう)の場合だってあります。ましてや、本当かウソか わからないもの(週刊誌やゴシップ誌・スキャンダル誌とよばれる雑誌)から社会勉強するというのは良いものではありません。
理由2: また、テレビのニュース番組なども、視聴者(しちょうしゃ)が好んでみるようなものが多くえらばれます(このようによく見られる=売れるものばかりをあつかうことを商業主義といいます)。ですから、ニュースや新聞の利用は小学生にすぐにすすめられる勉強法ではないでしょう。

新聞記事の内容の理解や、ニュース番組の理解は、国語や社会科の学習成果であって、学習手法ではないのです。

では、新聞やニュースを見ることはまったく役に立たないのでしょうか。いえ、そんなことはありません。

マスメディアを利用するときに大切なことは、ただ1つだけの情報をうのみにするのではなく、他の情報などと照らし合わせて、情報が本当に正しいのかどうか、別の見方はできないのかを考えることです。

例えば、A新聞では大きくとりあげられていることが、B新聞ではほとんど書かれていないことも多いです。ある政策にA新聞は賛成し、B新聞は反対の場合、それぞれの新聞社が自社の意見につごうの悪い情報については新聞では紹介しないで、自社につごうのいい情報だけを新聞記事で取り上げる場合もあります。
また新聞の紙面には文字数の都合もあり、すべての立場の意見は紹介できません。新聞には、このように意見のかたよってる場合があるので、1つの新聞社の意見しか読まないのは、社会科の学習としてはオススメできません。もし時間に余裕(よゆう)があれば、できれば新聞を読む場合には、ある政策に賛成の新聞と、反対の新聞との2誌(にし)を読みくらべ、両方の意見を調べてみるのが良いでしょう。

ここで、なぜ新聞社ごとに政策に賛成・反対の差が出たのを考えてみると、二つの新聞の立場が見えてきます。もちろん、これはとても難しいことです。すぐには、できません。しかし、少しずつでもくりかえしていけば、きっと効果が出てきます。

中学受験、とくに公立の中高一貫校ではこのように与えられた資料を分析して、違いや共通点を説明することが求められます。このようなトレーニングには新聞などのメディアを使うことはとても有効です。


インターネットを利用するときの注意[編集]

インターネットは社会科学習でも、とても便利な道具です。しかし、その使い方は、マスメディアを利用するとき以上にしんちょうでなければなりません。マスメディアでは、記事をチェックする人が記事を作成する人とは別にいます。しかし、インターネット、とくに誰でも情報を提供できるブログやツィッターでは情報の正しさをたしかめる役の人はいません。ですから、わざとではなくてもまちがった情報を流してしまうことも多いのです。

よく、「ネットで真実を知った」という人がいます。しかし、その人の情報源もたどっていけば、結局、別のマスメディアであることも多いのです。また、わざとメディアの情報の一部を都合のいいように削除したり、作り変えてからツィッターやブログにのせたりする人もいます。そうでなくても伝言ゲームで情報が大きく変化することも珍しくありません。

インターネットの利用法も結局、ふつうのマスメディアの利用法と同じです。ただ1つだけの情報をうのみにするのではなく、他の情報などと照らし合わせて、情報が本当に正しいのかどうか、別の見方はできないのかを考えながら利用していくことが大切です。


もし、宿題などでインターネットを使った調べ学習などを宿題にされて、どうしてもインターネットを使って調べないといけない場合、なるべく、文部省や農林水産省といった役所の公式サイトや、あるいは企業のサイトで調べるなら、昔からある産業の大企業の公式サイトで、調べましょう。これらの大組織は、記事をチェックする人が、多いのが普通だからです。

たとえ、無名な中小企業や無名な個人のサイトで調べたことを宿題などに書いたとしても、信用されません。なぜなら、これらの小さな組織は、記事をチェックする人が、少なそうだからです。

また、ウィキペディアやウィキブックスは、信用されません。なぜなら、ウィキペディアのような、ネット上で多くの人が簡単に参加発表できるサイトでは、記事をチェックする人の質が、かならずしも、その分野の専門家や知識人とは限らないからです。知識不足の人でも、簡単に参加できてしまうのです。また、知識不足の人がチェックをしてしまい、まちがった情報を「チェック済み」の情報として、あたかも正しい情報かのように発表している場合もあります。


実社会では、大人は教えてくれない[編集]

学校の社会科見学では、見学先の大人は、質問すれば、その見学先の仕事について、教えてくれるでしょう。

ですが、実社会(じっしゃかい)では、そんな親切なことはしてくれません。見ず知らずの人に仕事をおしえる時間のぶんだけ、その大人はしごとが止まってしまいます。大人は仕事で忙しいのです。お金をかせぐために、はやく仕事を進めないといけないのです。

だから、ふつうは他人なんかに、仕事について教えてくれません。自分でいろんな仕事を聞きこんで調べにいくときは、相手の大人が教えてくれないこともありますし、むしろ教えてくれないのが普通(ふつう)です。

では、どうすればいいのでしょうか。まず、本やインターネットで、できるかぎりその仕事についての情報を集めましょう。もし、本当にその仕事について知りたくて、その様子を見たいのでしたら、しっかりと礼儀をつくすのが大切です。とつぜん、その仕事をしている人のところにいっても先ほどのことから、仕事のことは教えてはくれません。

自主的に見学がしたいのであれば、自分がその仕事について知りたいのだということをしっかり説明した手紙を送り、その上で見学などの許可をもらえたら、見学者の人数を知らせたり、都合のよい日時をたずねたりしなければなりません。そして、見学が終わったら、お礼の手紙を送るなどのことをしなければなりません。このような手続きは小学生だけでは大変かもしれません。そのときには、学校の先生に相談するなどしましょう。

また、先生や保護者などの引率(いんそつ)の人がいないと、見学を受け付けてくれない会社もあります。

なお、仕事場には、もしも事故をおこすと危険な場所もあります。見学の際には、勝手に設備などに触ったりしないようにしましょう。また立ち入りの許可のない場所には入らないようにしましょう。

教科書以外の社会科の入門書を読んでおく[編集]

受験のための参考書は、中学受験に出そうな最低限のことしか書いてないので、けっこう、説明不足なところもあり、レベルが低いのです。なので、子供じだいの時間のあるうちに、参考書でない本も、いろいろと読んでおきましょう。

本屋で、児童書のコーナーにいけば、戦国武将の本とか、現代の政治の仕組みの勉強とか、いろいろと、あります。興味をもった本を、買っておいて、読むのが良いでしょう。

とくに、低学年のうちは、児童書の出版社が出している子供むけの社会科のテーマ別の話題の本を読むほうが良いかもしれません。


あと、けっして中学での暗記勉強の先取りをすることが目的ではなく、将来にそなえて高校生や大学生になったときに向けて、社会を理解できる頭をつくることが目的なので、自分が興味をもったテーマを中心に、中学受験には出なさそうなこともふくめて、勉強してください。


小学生むけの歴史の入門書を読んでおく[編集]

現在の中学校での社会科の歴史分野の教科書は、小学校の知識だけでは、暗記が難しくなっています。

偉人伝(いじんでん)や学習マンガなど、あるていど、読んでおくことが、中学での学習の前提になっています。


中学で歴史の授業を受ける前に、あらかじめ、小学生のうちに、子供むけの歴史入門書などで、歴史をいろいろと勉強しておくのが、中学歴史の前提になっています。

国語や理科などの他の教科とのバランスもあるので、歴史ばかり勉強するわけにもいませんが、しかし、かといって、小学校の教科書以外にまったく歴史を勉強しておかないと、中学生になってから、中学歴史の教科書で急に多くのことを暗記するハメになってしまいます。

なので、小学生のうちに、興味をもった時代だけでもいいので、子供むけの歴史の本を読んでおいてください。

もし、参考書で古代史から現代まで順番どおりに網羅的に勉強してしまうと、小学6年での学校の授業が、参考書で聞いたことある話ばかりになってしまい、つまらなくなってしまいます。なので、なるべく、低学年のうちは、好きな時代を中心に、かたよった勉強をするのがイイかもしれません。

たとえば、戦国時代とか、テレビゲームの題材になることも多いでしょうから、もしゲーム好きなら、戦国時代ばかり勉強する、とかいった やり方です。


歴史小説は読む必要ない[編集]

歴史の学習マンガを読んでると、もしかしたら周りの大人が、 「こんどは歴史小説を読んでみては?」と進めるかもしれません。吉川英治(きっかわ えいじ)とか司馬遼太郎(しば りょうたろう)とか、数十年も前の作家の歴史小説です。

しかし、歴史小説には、たいして学習効果はないです。これはもう、1980〜2000年までの日本の文化で、結果が出ています。

1990年の当時、ゲーム『信長の野望』の影響で、歴史をあつかったマンガが増えたのです。そのとき、世間の大人には、「教科書にない歴史は、歴史の勉強はマンガやゲームではなく、小説で勉強すべきだ」と言ってた大人もいました。

しかし、西暦2010年を過ぎた今、結果をふりかえってみると、知識の量も質も、歴史マンガや歴史ゲームで勉強してきた人のほうが上でした。

小説で戦国時代を勉強してきた人は、戦国大名といえば、せいぜい武田信玄とか上杉謙信までしか知らない一方で、ゲームで勉強してきた人は、長宗我部元親(ちょうそかべ もとちか)とかまで知ってる人がうじゃうじゃといました。

「マンガは人気商売だから信用できない!」としたら、小説もまた人気商売ですので、信用できません。


どうしても文字で歴史をあつかった小説みたいなものを読むなら、子供向けの偉人伝(いじんでん)とかありますので、そっちを読みましょう。


文字ばかりの歴史小説を読むのは、難しいでしょう。

難しいことをしてると、ついついバカな人は「むずかしいことのできる自分は、頭がいい。」と、かんちがいを、しがちです。

しかし、根本的なこととして、難しいだけのことに、価値は無いのです。

たとえば、足の小指で鼻をほじる行為は、難しいでしょう。でも、その行為、価値があるんですか?


それと同様に、歴史の勉強のさい、説明のための絵や写真もない本で、しかも小説で歴史を勉強することって、なにか価値でもあるんですか?


いいですか、ある行為に価値がある場合に、難しくても行うほうが良い場合もあるってだけです。

けっして、難しいからって、価値のある行為とは限らないのです。


地理や公民など[編集]

書店に行けば、児童書のコーナーにも、地理や公民の分野の本が置いてありますので、興味をもった何冊かを、買っておいて読むのが良いでしょう。

それらをすべて読み切ることは、時間が足りず、できません。なので、買いそろえる必要は、ないのです。