学習方法/高校理科全般

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

主に普通科高校生および普通科卒業生を対象に説明する。また、主に理系大学への進路志望を前提に説明する。

高校普通科での理科のカリキュラムの傾向[編集]

多くの高校普通科での理科のカリキュラムの傾向は、

1年では「生物I」(新課程「生物基礎」)が必修、
2年では「物理I」(新課程「生物基礎」)・「化学I」(新課程「生物基礎」)が必修
3年では進路志望に応じて選択科目で、理系なら生物IIまたは物理IIまたは化学II、文系の場合でセンター試験で地学受験をするなら「地学」履修

というのが現状である。

  • 実業高校の場合

商業高校や工業高校などの実業高校では、カリキュラムが異なる。多くの実業高校では、化学I、生物I、物理Iの範囲までしか習わない。また、学科(商業科や機械科など)の内容と関係の薄い科目は、履修できないことが多い。

たとえば商業高校では、おそらく「物理」科目は、物理Iすら、まったく扱わないだろう。 また、工業高校では、普通科2年の範囲(物理Iおよび化学I)までしか、理科を扱わないだろう。

なぜなら実業高校では専門科目の時間のため、普通科理科の学習時間は足りないからである。

また、高専(高等工業専門学校)という5年生の学校では(大学基礎レベルまで物理を習う場合が多い)、生物IIや地学などは履修できないかもしれない。

とりあえず参考書(生物、化学、物理)を買って読もう[編集]

理科のどの科目でも、とりあえず大学受験対策には参考書が必要である。初めから参考書を読んでも構わない。最終的に物理・化学・生物を履修することになるので、それらの科目の参考書を買ってもいい。理系志望なら、入学後に初めから高校3年の範囲の内容まで載ってる参考書を買ったほうが効率的で良い。

ただし、地学はカリキュラムが特殊であり、なかなか参考書が売ってない。とりあえず、高校3年になってから地学を学ぶかどうかを考えたほうが良いだろう。

数学との関係[編集]

多くの理系大学では、入学後に数学IIIレベル(三角関数などの微分積分)の知識が必要になる。また、大学入試の理科でも、「物理」科目だと、数学IIIを知っていて当然というような問題も出るし、物理の参考書でも数学III知識を前提にした参考書もある。

日本の高校理科の大学入試では、まず微分積分は出ないが、しかし大学入学後は微分積分を知っていて当然とされる。微分積分を学びたくない人は理系を目指さないほうが良いだろう。

とりあえず理系大学を目指す場合は、旧課程では数学III・Cを学ぶのが定石とされていた。(2015年に本文を記述。) なお、新課程では数学Cが消えている。

「地学」科目は理系大学の入試に出ない場合が多い。[編集]

まず、「地学」科目は理系大学の入試に出ない場合が多い。

高校によっては、そもそも時間割の仕組み上、「地学」が履修できない、もしくは履修しづらい仕組みになってる高校も多い。

なぜなら、日本では理系の多くの大学は工業大学の私立大学であり、そのため物理や化学が重視される。他は農学部や医学部、薬学部などであり、生物・化学が重視される。理学部のある大学は、意外と少ない。

さらに理学部の中ですら、「地学」は物理学などの一分野として含まれてしまってる場合も多い。多くの理学部の学科編成は、数学科・物理学科・化学科・生物学科である。

理科教育とはいえ、産業などへの実用とは無関係とは言えない。

たとえ地学を学ぶ場合でも、物理と化学の知識は、どちらにせよ必要になる。

資料集について[編集]

教科書出版社などが出してる資料集については、無くても、入試突破は可能。ただし、生物や化学の資料集は、高校で買わされる場合もある。授業用の副教材としての用途などとして、である。

資料集を熟読するよりも、参考書を熟読したり、あるいは問題集を練習したほうが良いだろう。

参考書と問題集のほうが必要[編集]

資料集よりも、参考書と問題集のほうが必要である。参考書は学校では買わされないのが普通だが、しかし参考書を買っておこう。 問題集は、学校で、定期テスト対策の問題集を買わされる場合もあるだろう。しかし、もし理系志望なら、もうちょっと高度な、入試基礎レベルの参考書も、早いうちに買っておこう。

検定教科書の発展内容[編集]

検定教科書には発展的内容が書いてあるが、入試にでる範囲の発展内容なら、参考書と問題集でカバーできる。参考書よりも高度な発展内容も、検定教科書に書かれている場合もあるが、入試には出づらい。 なぜなら、参考書を越えたレベルの教科書・発展内容は、教科書会社ごとに発展内容が異なる。なので、せっかく参考書に出てない発展的内容まで学んでも、市販の参考書に無い内容は入試には出づらい。

それら参考書を越えた教科書・発展内容も、資料集を見れば、だいたい書いてある。

教科書ガイドは、まず使わない[編集]

理科の場合、教科書の補足的な説明や簡単な問題などがガイドに書かれている。基本的に、教科書以上の情報の学習を勉強したい場合でも、市販の参考書や問題集で間に合う。参考書にも書かれてない発展内容については、資料集で充分である。教科書ガイドは入手も大変だし(一般書店では売ってない)、特定の教科書会社の教科書にしか対応してないので、入試対応では、無理に買う必要はない。

参考書の難易度について[編集]

中学生むけの参考書と、高校生の参考書では、出版社と難度の関係が、ちがっています。高校参考書には、数研出版、学研、文英堂など、いろいろな参考書がありますが、高校参考書では数研出版の参考書が難し目であることに注意してください。いっぽう、学研の参考書は、どちらかというと、高校では入門的です。

参考書の難易度は、おおむね、

(難しめ) 数研出版 > 文英堂、旺文社? > 学研? (やさし目)

のような難易度になっています。

旺文社(おうぶんしゃ)や学研(がっけん)は、平成の半ばごろになってから参考書に本格的に参入してきたので、評価があまり定まってません。もともと旺文社は、問題集のほうで有名な出版社でした。学研はもともと昭和のころは、図鑑や小中学生むけの教材などを優先していました。

数研出版は、平成の半ばごろから、中学の参考書に参入しました。

このように、平成の半ばごろに参考書事業を拡大してきて、中学参考書の出版社が高校に参入したり、逆に高校参考書の出版社が中学参考書に参入したりしたので、

中学参考書と高校参考書の難易度の序列が違っていますので、気をつけてください。


なお、中学受験参考書などで有名な受験研究社は、今のところ、高校参考書は出してません。