小説の書き方/作文のルール

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

文字の使い方[編集]

難読漢字[編集]

難読漢字、あるいは読みづらい漢字はふりがなを振るべきですが、これはルールとは言い難いでしょう。読者のことを思うのならば振ることをお勧めします。

振った場合
「心から(こいねが)います」
振らなかった場合
「心から希います」

句点・読点[編集]

鍵括弧(「」)の後に、句読点(。 / 、)は付けません。句点は「、」でも「,」でも構いません。ただし、日本の公式文書においては「,」が正しいです。

良い例
「かしこまりました」
悪い例
「かしこまりました。」

三点リーダー・ダッシュ[編集]

三点リーダー(……)とダッシュ(――)は、それぞれ二つセットで使用します。それ以上にしたい場合も偶数にしましょう。

良い例
「そうだったのか……」
悪い例
「そうだったのか…」

エクスクラメーションマーク・クエスチョンマーク[編集]

エクスクラメーションマーク(!)とクエスチョンマーク(?)の後には必ず全角の空白を作ります。

良い例
「分かった! その次はどうすればいい?」
悪い例
「分かった!その次はどうすればいい?」

禁則処理[編集]

禁則処理もルールの一つですが、大抵のソフトやサイトでは標準で自動処理されるので、あまり気にする必要はありません。