山形大対策

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア山形大学の記事があります。

本項は、山形大学の入学試験対策に関する事項である。

理系は理学部、医学部、工学部、農学部。 文系は人文社会科学部、地域教育文化学部。 受験生層は主に宮城、山形、秋田、新潟が中心で、現役合格で入ってくる者が多い。 ただし医学部はやや遠くからも受験生がやってくる場合がある。


試験対策 

山形大の問題は、各学部ともいわゆる難問は少なく、教科書レベルの標準的な問題をいかに落とさないかというに気をつけて取り組む必要がある。

医学部はセンター試験での失敗は許されないので、5教科7科目という非常に多くの勉強をすることは覚悟すること。したがって早めに準備していないと、浪人を確実にしてしまう可能性がある。

山形大学とは

21世紀COEにも選ばれた、いわゆる新興勢力の大学の一つである。 冬の寒さが厳しい山形だが、活気があって学問を志す人にとって魅力的な大学となりつつある。 学生の気質も温厚で勤勉な学生が集まる風潮があり、地元の秀才が集まる最高学府といった感じで根付いてる。 一度大学を見学でもしてみて、その雰囲気を味わい、受験するにふさわしいかを感じ取ってもらいたい。

このページ「山形大対策」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。