建築基準法施行規則第11条の4

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コンメンタールコンメンタール建築・住宅コンメンタール建築基準法施行規則)(

条文[編集]

(書類の閲覧等)

第11条の4  
  1. 法第93条の2第88条第3項 において準用する場合を含む。)の国土交通省令で定める書類は、次の各号に掲げるものとする。ただし、それぞれの書類に記載すべき事項が特定行政庁の使用に係る電子計算機に備えられたファイル又は磁気ディスク等に記録され、必要に応じ特定行政庁において電子計算機その他の機器を用いて明確に紙面に表示されるときは、当該記録をもつてこれらの図書とみなす。
    一  別記第三号様式による建築計画概要書
    二  別記第十二号様式による築造計画概要書
    三  別記第三十六号の二の五様式による定期調査報告概要書
    四  別記第三十六号の三の二様式、別記第三十六号の三の四様式及び別記第三十六号の四の二様式による定期検査報告概要書
    五  処分等概要書
    六  全体計画概要書
    七  指定道路図
    八  指定道路調書
  2. 特定行政庁は、前項の書類(同項第七号及び第八号の書類を除く。)を当該建築物が滅失し、又は除却されるまで、閲覧に供さなければならない。
  3. 特定行政庁は、第1項の書類を閲覧に供するため、閲覧の場所及び閲覧に関する規程を定めてこれを告示しなければならない。


解説[編集]

  • 法第93条の2(書類の閲覧)
  • 第88条(工作物への準用)

参照条文[編集]

このページ「建築基準法施行規則第11条の4」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。