強弱法

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

西洋音楽の演奏において、強弱を付けることは非常に大切であり、それは音に高さがあるのと同じくらい大切なことである。しかし、歴史的な経緯からも裏付けられるように、音の強弱は音の高低に比して二次的に扱われている。それはひとつには音の高さと違って、強弱を多少ぞんざいに扱っても音楽が致命的な打撃を受けない、ということによるのであろう。

しかし、強弱の付け方ひとつで、音楽が生き生きとし、また退屈なものとなるから、音高と同じくらい注意を払われてしかるべきである。

西洋音楽においては、音高はすべて楽譜に書き表される。それに比べて強弱は、大まかにしか書かれず、また絶対的な基準が楽譜に書き表されることもない。このため、強弱の細部は演奏者に任される。

楽譜に書き表される強弱[編集]

西洋音楽の楽譜においては、音高と音長を表す音符に付属させるようにして強弱が書かれる。強弱法/強弱記号を参照のこと。

楽譜に書き表されない強弱[編集]

このページ「強弱法」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。