情報技術の歴史

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

当時の、ほとんどの人にとってのコンピュータとの最初の出会いはインベーダーゲームだったかと思われる。基本的にそれ以前のコンピュータはもっと大きく、一部の人の目にしか触れなかった。ビルの一部屋やワンフロアを占めるような大きさだったコンピュータが、やがてそれを構成する部品が真空管からトランジスタへと、そして集積回路(IC)へと変化していき、コンピュータは段々と小さくなっていった。


このページ「情報技術の歴史」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。