愛知教育大対策

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア愛知教育大学の記事があります。

本項は、愛知教育大学の入学試験対策に関する事項である。

愛知教育大学は愛知県刈谷市に本部を置く教育学部のみの大学である。略称は愛教大。教員養成学科の他にも総合課程学科も併設されており、教育学部の不人気の中、総合課程学科は人気が高い。

ほとんどの課程・コースにおいてセンター試験が非常に大きなウエイトを占めており、ここでの躓きは避けたい。よってまずはセンター試験対策を行うべきである。二次試験はやや易~標準程度の問題が多く、総合問題や小論文だけの課程・コースも多い。教育学部のため二次試験科目は一般に少ない。なお以下では文の先頭の課程・コースで課されるという意味であり、(選)は選択科目、それ以外は必須科目である。(前)は前期日程、(後)は後期日程。中等-教育科学については、各々試験科目が違うので割愛した。


外国語対策[編集]

初等-情報(前)(選)・数学(前)(選)・英語(前)、中等-情報(前)(選)・数学(前)(選)・英語(前)、特別支援学校、現代-国際文化(前)・日本語教育(前)・臨床福祉心理(前)・現代-情報科学(前)

愛教大の英語は標準的な問題が多いので、難問の問題集に当たる必要はないが、「受験生は英語が得意だから、この課程・コースを受けているのだ」と考えてあまりなめてかからない方がいい。またリスニングが課される課程・コースもあるので願書に目を通しておくこと。難易度は易~標準まで幅広い感じだと見受けられる。

数学(IIBまで)対策[編集]

初等-理科(前)、中等-理科(前)・技術(前)、現代-情報科学(前)・宇宙・物質科学(前)・分子機能・生命科学(前)

愛教大の数学は一昔前に比べかなり簡単になった。数学IIBまでならば難易度はかなり低い部類に当たるだろう。よって黄チャートなどで基礎~標準をしっかりとやれば満点も狙える。難易度は易~やや易。まれに標準程度の問題も見られる。

数学(IIICまで)対策[編集]

初等-情報(前)・数学(前・後)、中等-情報(前・後)・数学(前・後)

数学IIICまで課されるのは上の課程・コースのみ。大問5問のうち2問は数学IIBまでの受験生と共通の問題なので、数学IIICは多くて3問となる。過去には、合格最低点が8割といった場合もあるので要注意である。難易度は易~やや易。

国語対策[編集]

初等-国語(前)、中等-国語・書道(前)、その他選択

地歴B・倫理対策[編集]

初等-社会(前)、中等-社会(前)、現代-国際文化(前)(選)

理科(Iのみ)対策[編集]

初等-情報(前)(選)・数学(前)(選)、中等-情報(前)(選)・数学(前)(選)

国公立大学の中で理科Iのみを課す大学はかなり少なく、対策問題集は皆無(ほとんどがセンター用)。ただ基本問題が多いので、センターを受験した生徒にとってはあまり困らないだろう。難易度はやや易~標準。

理科(I・II)対策[編集]

初等-理科(前)、中等-理科(前)

理科の教員を志望するものは理科I・IIが課される。ただ難問はないので、基礎問題精講のような基礎~応用をカバーする問題集を仕上げればいい。難易度はやや易~標準。まれにやや難の問題を含む。

情報対策[編集]

現代-情報科学(後)

二次試験で情報が課される大学はほぼ0なのでかなりユニークである。赤本には問題しか載っておらず対策がしにくいが、高等学校の情報の授業程度しか聞かれないので、正しく履修している学校の生徒にとっては全く問題にならない。よってセンターでの取りこぼしを避けるように勉強するべき。

このページ「愛知教育大対策」は、書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にノートへどうぞ。