数学演習/数学III/微分法

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

本項は高等学校数学III 微分法の演習用問題を提供する。 解答はこちら

微分法[編集]

微分係数と導関数[編集]

〔1〕 次の関数の導関数を定義に従って求めよ。

(1)
(2)
(3)


〔2〕 関数で微分可能でないことを示せ。

微分の計算の基本[編集]

主な対応項目「高等学校数学III 微分法#関数の和、差、積、商の導関数


次の関数の導関数を求めよ。

(1)
(2)
(3)
(4)
(5)

色々な微分の計算[編集]

主な対応項目「高等学校数学III 微分法#三角関数,指数関数,対数関数の導関数


次の関数の導関数を求めよ。ただし対数の底は自然対数とする。

(1)
(2)
(3)
(4)
(5)
(6)
(7)
(8)
(9)
(10)

第n次導関数[編集]

主な対応項目「高等学校数学III 微分法#高次導関数


〔1〕 次の関数を第3次までの導関数を求めよ。

(1)
(2)
(3)

陰関数の導関数[編集]

次の方程式で定められるの関数について、を求めよ。

(1)
(2)
(3)