コンテンツにスキップ

文明を再興する/建築

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』

現代的な経済システムや技術に頼らないで住居を建てる方法を紹介します。

住居の様態は文明を興す場所の季候や自然環境に大きく左右されます。住居を建てるために入手できる自然資源の量や種類も違いますし、住居に必要な性能も違います。

アイヌ民族の住居[編集]

北海道などに先住していたアイヌ民族は、チセと呼ばれる住居を作っていました[1]。北海道のような寒冷季候で、木や草などを入手できるならアイヌ民族のチセを参考にすればいいでしょう。

チセは木や草などを使って建てられていました[2]

食料や水を入手しやすい水辺で、自然災害の危険が少ない場所に建てます[3]

脚注[編集]

  1. ^ アイヌ民族博物館 『アイヌ文化の基礎知識』 草風館、1997年、118頁。ISBN 4-88323-064-3
  2. ^ アイヌ民族博物館 『アイヌ文化の基礎知識』 草風館、1997年、119頁。ISBN 4-88323-064-3
  3. ^ アイヌ民族博物館 『アイヌ文化の基礎知識』 草風館、1997年、124頁。ISBN 4-88323-064-3
このページ「文明を再興する/建築」は、まだ書きかけです。加筆・訂正など、協力いただける皆様の編集を心からお待ちしております。また、ご意見などがありましたら、お気軽にトークページへどうぞ。