コンテンツにスキップ

料理本/味噌汁

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
お豆腐のお味噌汁。

味噌汁(みそしる)は、出汁に味噌を溶き入れた日本の伝統的な汁物です。本記事では大根とお揚げの味噌汁の作り方を示しますが、具材を変えれば色々な味噌汁を作ることができます。

材料 (3人分)[編集]

  • 好みの出汁(鰹,昆布,煮干し・・・)…適量
  • 水 … 500ml
  • 油揚げ … 1枚
  • 大根 … 150g
  • わかめ…ふたつまみ
  • 水菜…ひとつ
  • 味噌 … 大さじ2と1/2
  • 青ネギ … 適量
アサリのお味噌汁。

作り方[編集]

下準備[編集]

  1. だしをとる。500mlの水に鰹節や昆布などの出汁を入れ、煮る。
  2. 大根と油揚げはそれぞれ1cm幅程度の短冊切りにする。

本番[編集]

  1. 鍋に出汁と大根、水菜を入れて火にかけ、沸騰したら油揚げとわかめを入れる。大根が半透明になり火が通ったら、火を止めて味噌を溶き入れる。
  2. お椀につぎ、小口切りにした青ネギを散らすと完成。

オプション[編集]

具材は玉ねぎ,小松菜,にんじん、舞茸、冬瓜などにしても美味しいです。青ネギを白ネギにしてもいいでしょう(入れないのもOKです)。また、出汁は鰹だけ,煮干しだけの他に「鰹とこんぶ」「煮干しと昆布」などという組み合わせも良いです。ただし、「鰹と煮干し」などのように、動物性と動物性を混ぜないでください。タンパク質がぶつかって風味が落ちます。

注意[編集]

味噌を入れてからは沸騰させないようにしましょう(風味が落ちるため)。