コンテンツにスキップ

紅茶

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
料理本/紅茶 から転送)
台湾のお茶。

この本は、紅茶の基礎的情報を網羅的に解説することを目的としています。

初めの知識[編集]

  • 紅茶とは

紅茶の茶葉は烏龍茶などと同じツバキ科の樹木の葉です。中国では茶葉は霊薬とされ、6世紀ごろ一般化しました。ヨーロッパに渡ったのは17世紀ごろで、初めは貴族階級のものでした[1]

ヨーロッパへ運ぶ船の中で茶葉が発酵して紅茶になったというのは誤りだそうで、欧州人好みに発酵させる中で紅茶ができたといわれています[2]

紅茶の産地と銘柄[編集]

世界三大紅茶というものがあり、ダージリン、ウバ、キーマンを指します。 ダージリンはインド、ウバはスリランカ、キーマンは中国で生産されます[3]

紅茶を淹れる[編集]

詳細は「料理本/リーフティー」を参照

紅茶の資格[編集]

紅茶アドバイザー、紅茶マイスター、ティーコーディネーター、ティースペシャリストなど、たくさんの資格があります[4]

関連項目[編集]

脚注[編集]