日本史 室町時代

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Main Page > 歴史学 > 日本史 > 近世 > 日本史 室町時代

日本史 室町時代では、室町時代について解説する。南北朝が名目上の「統合」をされるまでは日本史 南北朝時代を、室町幕府の権力が弱まり各地で戦国大名が天下統一のため勢力を伸ばし始めてからは、日本史 戦国時代を参照

政治[編集]

この時代は「支配者」は室町幕府で、代々足利家が征夷大将軍職を引き継いで実権をにぎるという政治を行、鎌倉幕府のように将軍職を継ぐ家系がほろびた、補佐役が事実上のトップとなることもなく、この政治体制が応仁の乱まで継続した。この足利家は15代足利義昭が織田信長に追放され、毛利家などを頼り再起を図りつつ無念のうちに没するまで存続した。

主な出来事[編集]

この節は書きかけです。この節を編集してくれる方を心からお待ちしています。

文化[編集]

この節は書きかけです。この節を編集してくれる方を心からお待ちしています。

関連項目[編集]

日本史
前の時代
1333-1392
日本史 南北朝時代
この時代
1336-1495
日本史 室町時代
次の時代
1495-1573
日本史 戦国時代