中世

出典: フリー教科書『ウィキブックス(Wikibooks)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

いわゆる近古を指す。
武家による封建時代が続く。
従来の中世社会観は農業民を中心にとらえられていたが、遍歴し交易に従事する非農業民にも視点を据えて中世社会の歴史を把握すべきであろう。中世社会は、多元性・分裂性を特徴とし、多様な価値観の存在する社会であり、そこでは様々な職能集団が活躍していたのだ。